string(52) "/news/news_tag/%E4%B8%A1%E7%AB%8B%E6%94%AF%E6%8F%B4/"
string(8) "news_tag"

『両立支援』の労働関連ニュース

2018.04.16【労働新聞】
介護離職対策 転籍・出向活用し親元で就労 休業期間は最長2年 ミサワホーム

一旦離職しても再雇用 転籍・出向によって介護が必要な親の住む地域で働き続けられる「MGファミリー全国転勤制度」を開始――ミサワホーム㈱(東京都新宿区、磯貝匡志代表取締役社長執行役員)は4月、介護離職対策を拡充させた。法律で93日に定められている介護休業期間も大幅に伸ばし2年とした。やむを得ず離職を選択した社員向けには再雇用制度を整備。社内……[続きを読む]

2018.04.03【労働新聞】
11団体参画し両立支援講習 埼玉経協など

 埼玉県経営者協会や同県労働局など11団体が参画する「埼玉県地域両立支援チーム」は、がん治療と職業生活の両立支援に関するセミナーを初めて開催した(写真)。 生活協同組合コープみらいの深井好子看護担当主任が自社の取組みを発表した。両立支援は労働者の申出から始まることから、深井主任は「制度を設けても申出がなければ何もできない。日頃から何でも相……[続きを読む]

2018.04.03【労働新聞】
休息11時間義務付け インターバル制度・大手で導入相次ぐ 18年労使交渉結果

 今年の労使交渉において大手企業で勤務間インターバル制度の導入を合意するケースが相次いだ。前日の退社時刻から翌日の出勤時刻の間隔を一定時間以上取ることを企業に義務付け、確実な休息を取らせるのが同制度の趣旨。近年、長時間労働抑制対策として採り入れる企業が徐々に増えている。  今年6月から、管理職以外に休息11時間以上を確保するのが㈱日立製……[続きを読む]

2018.03.23【労働新聞】
1年の休職期間を がんとの両立支援 神奈川労働局

 神奈川労働局(姉崎猛局長)は、職業生活とがん治療の両立支援対策に関するセミナーを開催した。企業の人事労務担当者など約80人が参加した。 講演で、順天堂大学の遠藤源樹准教授(写真)は、「休職期間を最低1年確保してほしい」と述べた。がんからの復職率が病休開始後120日では、フルタイム35%、短時間勤務64%だが、1年では、同じく、62%、8……[続きを読む]

2018.03.22【労働新聞】
時差出勤で就労支援 がん治療と両立へ事例集 東京都

 東京都は、従業員のがん治療と仕事の両立や、がん予防に積極的な企業24社の取組みをまとめた「企業でできるがん対策事例紹介集」を作成した。都が表彰した企業の取組みを紹介したもので、がん罹患者の就労継続に向けて、時差出勤やフレックスタイム、所定労働時間の短縮措置などのほか、有給休暇の積立制度を整備している企業が多い。 産業医や所属長、両立支援……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ