string(79) "/news/news_tag/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B9/"
string(8) "news_tag"

『メンタルヘルス』の労働関連ニュース

2018.05.22【労働新聞】
健康増進へ「推進室」 アプリ使い栄養士が指導 レオパレス21 NEW

 ㈱レオパレス21(東京都中野区、深山英世代表取締役社長)は今月、臨床心理士などの専門家が常駐する社長直轄の組織「ヘルスケア推進室」を立ち上げ、社員の心身両面の健康支援対策を強化した。食生活改善プロジェクトなどに取り組む。  同プロジェクトは、希望者に対して有料アプリを使用した管理栄養士による食生活のコーチングを実施するもの。「今夏をメ……[続きを読む]

2018.05.08【労働新聞】
メンタルヘルス対策周知で冊子 東京都

 東京都労働相談情報センターは、誰もがいきいきと働ける職場づくりを実現するため、心の健康対策に関連する法令や公的支援制度を紹介する冊子「働く人のメンタルヘルスガイド2018」を作成した。 ストレスチェック制度の実施手順や留意点、国が推奨する57項目の質問票などについて解説したほか、「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に基づくメンタル……[続きを読む]

2018.04.23【労働新聞】
建設安衛MSの指針を改正 建災防

 建設業労働災害防止協会は、建設事業場に必要な安全衛生管理の仕組みを示した「建設業労働安全衛生マネジメントシステム」のガイドラインを改正した。基本的な取組事項として、メンタルヘルスへの対応を加えた。  新ガイドラインでは、建設事業場で体系的・継続的に実施する自主活動の項目に、安全衛生方針表明などのほか、心身の健康保持に関する対応を盛り込……[続きを読む]

2018.04.18【安全スタッフ】
【特集2】疾病の陰に潜む「睡眠負債」 長期間溜めると身体影響が 「見える化」して生活改善を

 「睡眠負債」という言葉が注目を浴びる昨今、睡眠不足は働く人にとって無視できない問題となっている。日中の眠気は仕事の生産性を下げるだけでなく、長期間続くとうつ病などのメンタル不調、肥満による生活習慣病のリスクを高めるという。「睡眠負債」をどう溜めないようにしたら良いのだろうか。睡眠不足が心身に及ぼす影響と合わせ、睡眠改善のコツを(一社)日……[続きを読む]

2018.04.09【安全スタッフ】
働き方改革は睡眠改善から 快眠セミナー

 企業向けのメンタルヘルス事業などに取り組むえがおパートナーズ㈱は、人事・衛生管理担当者向けに快眠セミナーを開催した=写真。「働き方改革はまず睡眠改善から」とし、栄養睡眠改善トレーナーの村井美月講師が睡眠不足によるリスクと改善策を説明した。  睡眠不足が続いて睡眠負債が貯まると、作業効率低下に加え、うつ病や生活習慣病につながる恐れがある……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ