『メンタルヘルス』の労働関連ニュース

2024.06.06 【労働新聞 ニュース】
個人事業者の健康管理 短納期発注抑制など配慮 ガイドラインを作成 厚労省

注文者が健診費用負担も  厚生労働省は、個人事業者本人と仕事の注文者双方が実施すべき事項を示した「個人事業者等の健康管理に関するガイドライン」を作成した。注文者に対し、注文条件によって受託者が長時間就業にならないよう配慮することを求めている。対応として、発注内容の頻繁な変更や短納期・大量発注の抑制などを挙げた。特殊健康診断の受診が必要とな……[続きを読む]

2024.03.22 【安全スタッフ ニュース】
メンタル支援の品質確保へ サービス提供者に情報開示求める 経産省研究会提言

 経済産業省が設置した「職域における心の健康関連サービス活用に向けた研究会」(座長:川上憲人東京大学名誉教授)は、メンタルヘルス対策に民間サービスを活用する際の効果的な選択と活用に関する提言案をとりまとめた。従業員の心の健康を支援するビジネスに数多くの事業者が参入している一方で、一部で価格競争が起きるなど業界として品質確保の取組みが遅れて……[続きを読む]

2024.03.19 【労働新聞 ニュース】
「効果の根拠」開示へ ユーザー企業に品質担保 心の健康サービス活用研究会

 健康経営を推進している企業や健康関連サービス提供事業者、学識者らで構成する「職域における心の健康関連サービス活用に向けた研究会」(川上憲人座長)は、ストレスチェックツールなどのサービス提供事業者による情報開示のあり方についての取りまとめ案を公表した。経済産業省のヘルスケア関連の推進事業の一環として進めているもので、サービスの質を担保でき……[続きを読む]

2024.02.27 【安全スタッフ ニュース】
仕事の負担感低減へ ストレス状況調べる 仮設工業会

4人に1人改善思い付く  (一社)仮設工業会は、「新ヒヤリ・グッジョブ報告における標準値作成のための実態調査」の分析結果を取りまとめた。建設労働者のストレスなどの状況を過去の調査と比較したところ、ストレス要因である「仕事の要求度(負担感)」が低減し、「仕事のコントロール(仕事の裁量)」が向上していることが分かった。「疲労感」「不安感」「抑……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。