『メンタルヘルス』の労働関連ニュース

2019.07.11 【労働新聞】
【フォーカス】レンタルのニッケン/メンタルヘルスケア推進 全社員へ巡回面談実施 カウンセラーが訪問

ラインケア研修の実施も  土木、建設、産業関連機械のレンタルサービス業の㈱レンタルのニッケン(東京都千代田区、南岡正剛代表取締役社長、3074人)は、メンタルヘルスケア推進のために、「健康相談窓口の設置」「職場巡回面談の実施」「ラインケア研修」の3施策に取り組んでいる。健康相談窓口では、社員からいつでも相談を受け付ける。職場巡回面談は、全……[続きを読む]

2019.07.09 【安全スタッフ】
【特集2】これで解決!!シゴトとココロの問題 躁状態でないときに治療勧奨を ★労働新聞社Webサイトで配信中★

 日々の業務に忙しく、管理的立場にいても、心の健康問題に目を向ける余裕がなくなりがちだ。そこで、弊社では「これで解決! シゴトとココロの問題」という番組をホームページ上で配信し、よりシンプルな語り口で具体的なノウハウを示している。今回のテーマは、「双極性障害の疑いがある社員の受診拒否」。法政大学の廣川進教授(臨床心理士)は、躁の状態のとき……[続きを読む]

2019.06.14 【労働新聞】
仮想現実活用し教育 ICTで検討委開く 建災防

 建設業労働災害防止協会(錢高一善 会長)は6月4日、令和元年度第1回目の「ICT(情報通信技術)を活用した労働災害防止対策のあり方に関する検討委員会」を開催した。ICTは人口減少社会となるなかで、労働力不足を補うものとして期待されている。災害防止にも役立つが、情報共有ができていないため、調査を行う目的で検討会は設置された。  今回は、V……[続きを読む]

2019.06.10 【安全スタッフ】
【特集2】手作り・安価に職場環境を改善/社会福祉法人同愛会・日の出福祉園 ハイム化粧品株式会社

 従業員数や資金力の面で優れる大企業のようにはいかないとしても、工夫次第でそれなりの安全衛生対策は施せる――そんな2つの法人事例を本欄では紹介する。一方はメンタルヘルス、もう一方は、はさまれ・巻き込まれ災害を防ぐケースで、〝自前〟であることと費用が〝安上がり〟であることが共通している。 日の出福祉園 コミュニケーション不全改善へ  小規模……[続きを読む]

2019.05.17 【労働新聞】
災害前の背景探る メンタルヘルスで検討会 建災防

 建設業労働災害防止協会(錢高一善会長)は、「令和元年度建設業におけるメンタルヘルス対策のあり方に関する検討委員会」を開催した。検討会では、ヒヤリハットを災害の疑似体験という負の側面ではなく、災害に至る前に助かった「成功事例」として注目。災害にならずにヒヤリハットにとどまった理由と背景を建設現場に対して実態調査を行ったうえで、「予見能力」……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ