『ミスマッチ』の労働関連ニュース

2017.02.27 【労働新聞】
「就社」から「就職」へ転換を 雇用慣行見直し提案 サービス業の生産性向上へ 中経連

 一般社団法人中部経済連合会(豊田鐵郎会長)は、サービス産業の生産性向上に向けた報告書を取りまとめた。同産業では、業種ごとに必要とされるスキルの専門分化が進み、労働需給のミスマッチが生じている。現行の「就社」型の雇用慣行に代わって、特定の職能分野に就く「就職」型への転換が必要と提言した。職場を変えながらも専門性が高まるとする。また、ICT……[続きを読む]

2014.08.04 【労働新聞】
【今週の視点】職種間ミスマッチ変わらず

事務系0.2倍台 希望変更要す産業間移動  有効求人倍率の改善が続く一方、職種別の需給関係には小さくない格差が生じている。求職者の3割が希望する事務系の倍率が0.2倍台にとどまる一方、2倍以上の未充足銘柄は高度専門職といわゆる3K職種に二分される。産業構造の変化に伴う人材移動を実現するには、従来の業界・業種ベースの雇用観を職種ベースの市場……[続きを読む]

ページトップ