string(34) "/news/news_tag/%E3%83%99%E3%82%A2/"
string(8) "news_tag"

『ベア』の労働関連ニュース

2018.02.21【労働新聞】
信州ビバレッジ 交替勤務者に週休3日制 年間休日が50日増加 NEW

夜勤明け3連休で負担減 信州ビバレッジ㈱(長野県松本市、有川敬一代表取締役、165人)は、1月から製造現場の交替勤務者に週休3日制を導入し、年間休日数を50日増の169日にした。変形労働時間制度を採り入れたうえで所定労働時間を10時間とし、1回当たりの勤務で休憩時間を含み12時間働く。夜勤明けの休日は2日から3日へ延長。制度変更によりシフ……[続きを読む]

2018.02.20【労働新聞】
純ベア3千円要求 JR連合 NEW

 JR連合(松岡裕次会長)は2月5日、和歌山県で開いた第30回中央委員会で、18春闘方針を決定した。JR各単組の賃上げ要求は、定期昇給とは別に、6千円以上、月例賃金の引上げを求める。そのうち3千円は純ベアとして統一要求する。 グループ93単組の底上げに力を注ぐ考えで、成果獲得の実効性を高めるべく、JR各単組が経営要請等支援も行う。…[続きを読む]

2018.02.15【労働新聞】
「2%基準」ベア要求へ 賃上げの環境整う UAゼンセン NEW

今やらずにいつやるか あらゆる産業・業種の労働組合を傘下に収める連合構成組織で最大の産別であるUAゼンセン(松浦昭彦会長)は1月31日、東京で開いた第6回中央委員会で「2%基準」のベースアップ要求を行う18春闘方針を正式に決めた。翌2月1日には構成3部門の方針も定まった。高まる人手不足感、昨年ほとんどなかった物価上昇、2%近い実質経済成長……[続きを読む]

2018.02.13【労働新聞】
【賃金調査】経団連/東京経協 17年昇給・ベースアップ調査 17年賃金引上げ率 前年比微増の2.3%に

主な考慮要素 人材確保が3位に浮上 100円アップで6,900円強 経団連と東京経協が共同実施した「昇給、ベースアップ実施状況調査」によると、2017年の平均賃上げ額は6,914円となり、所定内賃金に対する引上げ率では2.3%だった。過去4年間では15年の7,308円、2.4%に次ぐ水準で、前年比では102円、0.1ポイント上昇している。……[続きを読む]

2018.01.25【労働新聞】
賃金改善「3千円以上」要求へ 18春闘方針を決定 自動車総連

上げ幅より水準重視で トヨタや日産などの完成車メーカーおよび車体・部品、輸送、販売など自動車関連企業の労働組合およそ1100組合でつくる自動車総連(高倉明会長)は1月11日、神戸市で第85回中央委員会を開催し、「3000円以上」の賃金改善要求を掲げる18春闘方針を決定した。上げ幅ではなく水準自体を重視して格差是正に力を注ぐ考えで、めざす賃……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ