『ベア』の労働関連ニュース

2021.05.27 【労働新聞】
【賃金調査】中労委・令和2年 賃金事情調査/大手の大卒実在者賃金 55歳56万円がピーク 家族手当第1順位6.3%減の1.6万円

45歳以上で最大4.5%減  大手企業の賃金実態を調べている中央労働委員会の「賃金事情調査」によると、大卒の事務・技術(男性)の実在者平均所定内賃金は、22歳22.1万円、35歳39.1万円、45歳49.6万円、55歳56.1万円などとなった。22歳を除くすべての年齢階級で前年比で減少し、とくに45歳以上では1.6~4.5%ダウンしている……[続きを読む]

2021.04.23 【労働新聞】
賃上げ5800円弱 流通では堅調なベア 本紙集計

 本紙がまとめた賃上げ集計の最終結果(4月16日時点)によると、平均賃金方式に基づく賃上げ額は、282組合の単純平均で5758円だった(5面に集計表)。賃金構造維持分などを含まないベースアップ相当分は、188組合の平均で1474円となっている。  ベアの要求を控えた組合が散見される一方、…[続きを読む]

2021.04.02 【労働新聞】
ベアが前年上回る 平均では1655円に 連合・21年春季交渉

 連合は、2021年春季労使交渉における3月25日現在の回答・妥結結果第2回集計をまとめた(5面に回答・妥結一覧)。  ベースアップ分が明確な546組合(約67.9万人)のベアの加重平均は、額が1655円、率が0.56%と、前年同時期と比べ248円、0.11ポイント高かった。300人未満では1208円、0.47%で、…[続きを読む]

2021.03.25 【労働新聞】
賃上げの流れ維持と評価 平均は1138円に 前年同期より78円上昇 21年・春季労使交渉

 2021年の春季労使交渉の集中回答日となった3月17日、金属労協の髙倉明議長は、8年連続となった賃上げの流れを継続できたと述べるとともに、格差是正の取組みが定着してきていると評価した。ベースアップの平均回答額は、翌日18日時点で1138円と、前年同期に比べ78円高かった。一時金については、平均4.94カ月と前年より0.16カ月低いが、4……[続きを読む]

2021.03.11 【労働新聞】
JAM 中小のベア要求4000円超えに 全体平均200円上回る UAゼンセン

パート時給は37円に  コロナ禍で迎える2年目の春季労使交渉で、格差是正をめざす中小企業単組の要求が大手を上回る傾向が明らかになってきた。機械・金属の産業別労働組合JAMの集計では、ベアに相当する改善要求額が300人未満で平均4354円となり、全体計の4140円を約200円上回っている。小売・外食などを含むUAゼンセンでは、ベアを含む引上……[続きを読む]

ページトップ