『トラック』の労働関連ニュース

2021.05.25 【労働新聞】
飲料・酒物流に指針 荷待ち時間の削減へ 国交省

 国土交通省は、飲料・酒の物流効率化やドライバーの労働環境の改善を図るため、「荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン 加工食品、飲料・酒物流編」を策定した。荷待ちや荷役時間の削減、受発注条件の見直し、検品など附帯作業時間の削減の進め方を提示している。  国交省は昨年5月、…[続きを読む]

2021.04.21 【労働新聞】
年100件以下めざす 11組織共同で労災減へ 鹿沼労基署

 栃木・鹿沼労働基準監督署(常盤宗孝署長)は、管内労働災害防止団体連絡会議を開き、年間の労災発生100件以下をめざす「Under100推進プロジェクト」の4年目のキックオフを行った(写真)。管内労働基準協会や各災防団体分会など計11組織が参加する。  会議では、陸災防鹿沼分会から荷役災害防止のために荷主にも協力を求める意見が挙がった。とく……[続きを読む]

2021.04.15 【労働新聞】
交通事故 年間死者数225人以下へ 事業用車両に新計画 国交省

初任者などの指導徹底  国土交通省は、トラック、バス、タクシーによる交通事故の削減目標や安全対策の方向性を示した「事業用自動車総合安全プラン2025」を策定した。令和7年度までの事業用自動車全体の目標として、交通事故発生から24時間以内の死者数225人以下などを掲げている。経験不足の運転者による重大事故も発生していることから、初任者などに……[続きを読む]

2021.03.29 【安全スタッフ】
行政処分 未受診者の事故追加 脳心疾患など健康起因なら 自動車運送事業で基準改正 国交省

 国土交通省は、事業用自動車の運転者の疾病により「運転を継続できなくなった事案」が増加傾向にあることを受け、事業者が健康状態の把握を適切に行わなかったために、運転者が脳・心臓疾患などで重大な事故を発生させたような悪質な違反を行政処分の対象に追加した。事故発生日から過去1年以内に法定の健康診断を受診させずに乗務させていた場合に適用する。初違……[続きを読む]

2021.03.22 【労働新聞】
着荷主に取組み要請 時短へ動画コンテンツ 厚労省

 厚生労働省は、「トラック運転者の長時間労働改善に向けたポータルサイト」に、新たなコンテンツとして「着荷主」企業向けの周知用動画「今こそ始めてみませんか?トラック運転者のために、『着荷主』ができること」を掲載した。  トラック運転者は他業種の労働者と比べて長時間労働の傾向にあるが、…[続きを読む]

ページトップ