『トラック』の労働関連ニュース

2019.06.12 【労働新聞】
【今週の視点】自動車運転者 改善基準告示に研修教材 労働者も知識習得を NEW

健康と安全運行の確保へ  厚生労働省は、トラックなど自動車運転者の労働時間等改善基準告示の遵守に向けて、自動車運転者を対象とした研修テキストと、講師となる運行管理者向けの研修指導マニュアルを作成した。運転者の健康と安全な運行の確保に向け、事業者が適切な労働時間の設定・管理を徹底するのはもちろんだが、研修を通じて運転者側の知識向上を図っても……[続きを読む]

2019.05.15 【労働新聞】
パレット単位で輸送 ホワイト物流へ宣言 キユーピー

 キユーピー㈱(東京都渋谷区、長南収代表取締役社長執行役員)は、国土交通省など3省が提唱する「ホワイト物流」推進運動の実現に向けて、自主行動宣言を発表した。今後、1つのパレット内に異なる商品を混在して載せる配送方法を取りやめて、パレット単位での輸送を推進する。  トラック運転者不足が深刻化するなか、国民生活や産業活動に必要な物流の安定的な……[続きを読む]

2019.04.19 【労働新聞】
「ホワイト物流」運動へ参加要請 国交省

 荷待ち時間削減などを通じてトラック輸送業の働きやすさと生産性の向上へ――国土交通省、経済産業省、農林水産省の3省は、上場企業と各都道府県主要企業の合計約6300社に対し、「ホワイト物流」推進運動への参加を文書で要請した。  同運動は、トラック運転者不足が深刻化するなか、国民生活や産業活動に必要な物流の安定的な確保と経済成長の実現をめざし……[続きを読む]

2019.03.14 【安全スタッフ】
改善基準告示違反 休憩指導に従わず 国交省が報告書

 国土交通省はこのほど、「事業用自動車事故調査委員会の調査報告書」を公表した。多数の死傷者を出すなど社会的影響が大きいとされる特別重要調査では、大型トラックの衝突事故の原因と再発防止策にスポットを当てている。事故を発生させた運送会社では、極めて多くの運転者に拘束時間超過などの改善基準告示違反が確認されており、運行管理体制が適切に構築されて……[続きを読む]

2019.03.13 【労働新聞】
【今週の視点】運送業 長時間労働解消へ2施策 事業者・荷主双方で

優良認証と自主行動宣言  運転者の長時間労働が深刻なトラック運送業で、労働条件改善に向けた政府の重要施策の準備が着々と進んでいる。働き方改革に積極的な運送事業者の認証制度と、荷主が物流事業者の労働法令遵守に配慮することを自ら宣言する「『ホワイト物流』推進運動」の2施策だ。労働条件改善には事業者の主体的な行動と荷主の協力が欠かせないため、両……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ