『セミナー』の労働関連ニュース

2021.07.07 【労働新聞】
DX推進へ育成研修 中小にICT施工講習 関東整備局

 関東地方整備局(土井弘次局長)は、インフラ分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)人材を育成するため、今年4月に開設した「関東DX・i―Construction人材育成センター」の研修計画を策定した。民間技術者に対して、3次元データなどのICTを活用する講習会を開く。必要な機材を用意するのが難しい中小企業の受講機会をつくり、作業の……[続きを読む]

2021.07.02 【労働新聞】
LGBT対応 相談可能とPRして窓口設置を 埼玉経協・セミナー

 埼玉県経営者協会(原敏成会長)と埼玉県、埼玉労働局は合同で、企業担当者向けのLGBTセミナーを開催した。講師として認定NPO法人虹色ダイバーシティの村木真紀代表が登壇し、性的マイノリティが働きやすい職場づくりについて解説した。  整備すべき支援体制の例として、相談窓口の設置や窓口担当者への研修を挙げている。社内にLGBTなどについても相……[続きを読む]

2021.06.23 【労働新聞】
健康経営 バレーチームとコラボセミナー NEC

 NEC(東京都港区、森田隆之代表取締役執行役員社長兼CEO)は、健康経営の一環として従業員向けのオンラインセミナーを開催した。女子バレーボールチームであるNECレッドロケッツとコラボし、手軽に取り組める運動の共有を図っている(写真)。  セミナーでは、職場や移動中に手軽にできる…[続きを読む]

2021.06.22 【労働新聞】
がん治療と両立 内勤転換経て営業職復帰も 大阪産保センター

 大阪産業保健総合支援センター(茂松茂人所長)は、がんで通院しながら働く労働者が全国で32万人に上ることから、がん治療と仕事の両立支援セミナーをオンラインで開催した。講師として市立東大阪医療センターの東山聖彦特任院長を招き、支援の事例などを解説している(写真)。  実際の事例として、がんを治療した営業社員の復帰過程を紹介した。事業者は主治……[続きを読む]

2021.06.16 【労働新聞】
悩み持つ社員多い 不妊治療でセミナー 日立システムズ

 ㈱日立システムズ(東京都品川区、柴原節男代表取締役社長)は、不妊治療と就労の両立支援に関するセミナーを初めて開いた。開催の背景には、昨年秋に同社労働組合が実施した調査で、不妊治療との両立に悩みを持つ社員の数が多かったことを挙げる。  セミナーはオンライン形式で実施し、…[続きを読む]

ページトップ