string(88) "/news/news_tag/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF/"
string(8) "news_tag"

『ストレスチェック』の労働関連ニュース

2018.05.18【労働新聞】
導入目標値を追加へ 勤務間インターバルに 過労死防止大綱改定案 NEW

 厚生労働省は、過労死等防止対策大綱の改定素案を明らかにした。長時間労働削減のための周知・啓発を強化する方針を盛り込んでいる。新たに、勤務間インターバル制度の導入などについての数値目標も設定する。  素案では、同大綱が閣議決定された2015年7月以降において、専門家や過労死当事者、労使などで構成する協議会での議論が進む一方、過労死事案が……[続きを読む]

2018.05.08【労働新聞】
メンタルヘルス対策周知で冊子 東京都

 東京都労働相談情報センターは、誰もがいきいきと働ける職場づくりを実現するため、心の健康対策に関連する法令や公的支援制度を紹介する冊子「働く人のメンタルヘルスガイド2018」を作成した。 ストレスチェック制度の実施手順や留意点、国が推奨する57項目の質問票などについて解説したほか、「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に基づくメンタル……[続きを読む]

2018.04.18【労働新聞】
無記名検査の活用を 労災防止に効果期待 東京産保センター

 東京産業保健総合支援センターは産業医を対象に、ストレスチェックに関する研修を実施した(写真)。同センターの古山善一相談員が講師として登壇し、建設現場で活用が進む「無記名ストレスチェック」の有効性に言及した。ヒューマンエラーには、精神面が少なからず関係している。 同チェックを朝礼後のミーティングで実施し、集団分析することで、労災防止が期待……[続きを読む]

2018.03.20【安全スタッフ】
【特集2】「心理的距離」が睡眠に影響 スマホで仕事から離れられず 健康づくりシンポ開く/中災防 

 中央労働災害防止協会は2月22日、「平成29年度心の健康づくりシンポジウム~ストレスチェックから始める働き方改革~」を開催した。仕事を「誇り(やりがい)」「熱心さ」などから評価する「ワーク・エンゲイジメント」の概念や、人材の多様性と健康寿命を重視する「人口オーナス期(労働人口の減少)の働き方」などの視点から、職場のストレス対策のあり方に……[続きを読む]

2017.11.23【労働新聞】
負荷を負担にしない職場へ 過労死防止シンポ

 11月の過労死等防止啓発月間に合わせ、全都道府県でシンポジウムが開かれている。11月6日には東京・立川で行われ(写真)、産業医の櫻澤博文氏がメンタルヘルス不調を発生させない職場作りについて講演した。 櫻澤医師は米国立産業安全保健研究所の職業ストレスモデルを用い、仕事の負荷が「負担」になった時に心身に影響が出ると解説。「負担にしないために……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ