string(88) "/news/news_tag/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF/"
string(8) "news_tag"

『ストレスチェック』の労働関連ニュース

2017.09.18【安全スタッフ】
ストレス検査8割超が実施 厚労省初公表

 厚生労働省は、ストレスチェック制度の実施状況を施行後初めて公表した。平成29年6月末時点で、8割超の事業場がストレスチェック制度を実施済みであることが分かった。実施事業場の8割近くで集団分析が行われていたという。今後、助成金などの各種支援事業の充実を図るとしている。……[続きを読む]

19e04fc_s
2017.09.06【安全スタッフ】
【特集2】ストレスチェックを職場改善へつなげる 働きやすい環境づくりへ 労働者健康安全機構/ニチバン

ストレスチェックでは、集団分析結果を受けた職場自身の取組みが重要になる。「職場におけるストレスの気づきを与え、職場環境について話し合う場をつくること」と労働者健康安全機構の菅野由喜子産業保健アドバイザーはいう。簡単なことから職場環境を変えていくのが活動を上手く進めるポイントだ。33ページからは、組織的な産業保健体制づくりに力を入れているニ……[続きを読む]

特集2イラスト
2017.09.01【労働新聞】
ストレスチェック 結果の分析は41% 連合“安衛調査“で判明

 連合が3年に1回実施している労働安全衛生に関する調査結果がまとまった。9回目の今回はストレスチェック開始後初の調査で、その実施率こそ高い一方、結果の分析まで行っている事業場の少なさが浮き彫りになっている。 今年1~3月に実施し、支部や分会を含む3286組織(民間2604、公務・公営663、業種不明19)から回答を得たそれによると、ストレ……[続きを読む]

ストレス過労
2017.08.30【安全スタッフ】
建設・造船 職場改善の効果検証へ 精神障害事案が増加傾向 建災防 ストレス検査後に介入調査

 建設業労働災害防止協会は、建設業と造船業の現場を対象にストレスチェックの介入調査を実施する。元請け、下請けを問わず作業員全員に無記名形式のストレスチェックを行い、集団分析の結果を踏まえたうえで、アドバイザーの指導の下、具体的な職場環境改善の手法を試行する。2業種は、ともに重層下請け構造の現場で、事業場の大半が小規模であることから、ストレ……[続きを読む]

ニュースp4写真
2017.08.24【労働新聞】
ストレス検査8割強で実施 厚労省調査

 ストレスチェックの実施義務がある事業場のうち、82.9%で検査を実施していることが、厚労省の調査で分かった。ストレスチェックの実施状況が公表されるのは、制度施行後初めて。 ストレスチェックを受けた労働者の割合は78.0%だった。このうち、0.6%が医師による面接指導を受けている。ストレスチェックは、実施結果を所轄の労基署に報告する必要が……[続きを読む]

調査 アンケート

年月アーカイブ

ページトップ