【フォーカス】ライオン/研修制度見直し 階層別からeラーニングへ ケース討議と併せて

2019.07.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

多様な思考の人材育てる

時間や場所を問わずに学習できるようにした

 ライオン㈱(東京都墨田区、掬川正純代表取締役社長執行役員、連結6941人)は、今年1月から新研修制度「ライオン・キャリアビレッジ(LCV)」を開始した。既存の階層別研修の大半を廃止し、新たに幅広い業務の知識を学べる100コース超のeラーニングと、少人数で議論を深めるケース討議へ移行した。社歴や経験、所属部署にかかわらず、社員が自分の学びたい分野を自由に選択できるのが特徴だ。知見の幅を広げ、自ら考える力を磨くことで、多様な思考を持つ人材の育成をめざす。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年7月22日第3218号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ