【今週の視点】定昇制度に標準モデルを 望まれる労使の提言

2012.03.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

8割採用も具体策みえず

 定期昇給制度の有無を問われ、「ない」と答える企業は少ない。にもかかわらずその定義は曖昧かつ多様で、制度整備をめざす企業が取り組みやすいスタンダードなモデルはみえてこない。指し示す意味は企業間や世代間で異なり、労使におけるこれまでの扱われ方によってはあえて口にしない用語にもなっている。無理のないあり方が改めて示されることに期待したい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成24年3月12日第2864号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ