【今週の視点】一斉帰宅抑制対策の実施へ 防災週間を契機に

2021.08.25 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

備蓄や安否確認訓練など

 8月30日~9月5日は防災週間。コロナ禍でBCP(事業継続計画)の重要性がますます高まっているものの、各種調査によれば中小企業の取組みは依然として低調だ。自然災害発生時の影響を最小限に抑えるため、防災週間を契機に計画を作成し、従業員の一斉帰宅抑制に向けた備蓄や従業員の安否確認方法の確立、訓練実施などを進めてもらいたい。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年8月23日第3317号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ