60歳以上であれば可 現場入場制限の例外示す 社保加入指導ガイドラインを改訂 国交省

2016.08.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

IMG_11

 国土交通省は、「社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン」を改訂し、「適切な保険に加入していることを確認できない作業員」でも、現場入場が認められる「特段の理由」を明らかにした。現場入場時点で60歳以上で厚生年金保険に未加入の場合や、作業員自身が伝統建築の修繕など工事の施工を左右する特殊な技能を有している場合、または社会保険の加入手続き中で今後確実に加入が見込まれる場合を挙げている。ただし、仮に「特段の理由」により現場入場を認めた場合についても、あくまで特例的な対応であることを十分に認識したうえで、元請企業は作業員名簿を作成した下請企業に対し、未加入の作業員を適切な保険に加入させるよう指導すべきとしている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成28年9月1日第2265号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ