【賃金調査】専門・技術系29万円で横ばい――厚労省・中途採用者賃金情報

2016.06.20 【労働新聞】

 平成27年度下半期に中途採用された常用者・男性の賃金は、専門的・技術的職業29.1万円、営業職を含む販売の職業24.8万円、生産工程、労務の職業22.7万円などとなった。前年度下半期と比べると全体的に上昇傾向を示し、なかでも生産工程、労務の職業が2.3%伸びている。女性では事務的職業が1.5%増の20.2万円、調理・給仕などサービスの職業が2.2%増の18.4万円と堅調だった。都道府県別では東京の水準が突出して高く、男性は1.3%増の30.4万円だった。

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年6月20日 第3069号8・9面

あわせて読みたい

ページトップ