”社員の親”採用へ 応募少ないシニア確保 IT業・ペンシル

2018.07.31 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ウェブコンサルティング業の㈱ペンシル(福岡県福岡市、倉橋美佳代表取締役社長COO)は、”社員の親”を採用する「親子採用」を今年度中にも開始する。シニア世代の採用数が少ないという課題を解決したい考え。

 「IT専業企業の求人に対し、シニア世代は応募すること自体が高いハードルなのではないか。子がIT企業で働いている人ならば、多少なりとも業界に対して理解を持ってくれるはず」と倉橋社長は新たな採用手法を導入した経緯を説明する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年8月6日第3171号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ