社会福祉施設のメンタルヘルス対策 施設形態で取組みに温度差 中災防調査

2016.04.20 【労働新聞】
 中央労働災害防止協会は、社会福祉施設を対象に実施した安全衛生対策に関する実態調査結果を取りまとめた。保育所では、高齢者施設や障害者施設などに比べてメンタルヘルス対策に積極的に取り組んでいる。調査は、高齢者施設、障害者施設、保育所に実施し、3317事業場から有効回答を得た。職員に対するメンタルヘルス対策の実施割合は、保育所が69%と7割近くに上る。…
この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年4月18日第3061号2面

あわせて読みたい

ページトップ