死亡災害急増で警戒強める 奈良労働局長がパトロール

2014.09.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 奈良労働局(荒川あや子局長)は7月25日、京奈和自動車道大和御所道路の建設工事現場を安全パトロールした。荒川局長は、JFEエンジニアリングの施工する橋鋼上部工事など3つの現場を巡視。現場の安全対策を確認し、土砂崩壊災害や熱中症への注意を呼び掛けた。

 県内建設業では、昨年同時期に1件だった死亡災害が5件へと急増している。全業種でも休業災害が2割以上増えており、同労働局は「憂慮すべき事態」と警戒を強めている。

平成26年9月1日第2217号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ