生涯を通じた能力開発が必要に 雇用政策研報告

2015.12.21 【労働新聞】

 幼児期から高齢期まで生涯を通じた能力開発を厚生労働省の雇用政策研究会が検討報告書をまとめ、節目ごとのキャリア・コンサルティングの実施、約4割を占める非正規の正社員化などを進める必要が…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年12月21日第3045号1面

あわせて読みたい

ページトップ