9道県議会が意見書を採択 労働者保護改悪阻止

2014.05.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 連合による労働者保護ルールの改悪阻止に向けた取組みを受け、9道県議会および36市町村議会で同様の趣旨の「意見書」が採択された。

 9道県議会は、北海道、岩手、静岡、愛知、岐阜、三重、兵庫、山口、福岡で、3月20日に採択した北海道議会の意見書では、常用代替防止に向け、派遣労働の利用を臨時的・一時的なものに限るべきことなどが記されている。

関連キーワード:
平成26年5月5日第2967号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ