SCSKや花王を8年連続で銘柄指定 健康経営で 経産省・東証

2022.04.30 【Web限定ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経済産業省と東京証券取引所は「健康経営銘柄2022」として、日本水産㈱(東京都港区)など50社を選定した。このうち制度を開始した2015年から8年連続で選定されたのは、花王㈱(東京都中央区)、SCSK㈱(東京都江東区)、㈱大和証券グループ本社(東京都千代田区)の3社となっている。

 SCSKでは、コロナ禍で社員の8割が運動不足と認識していたことから、社員に対して活動量計を配布し、20年4月~21年10月の1年半で、1日の平均歩数を20%増の8204歩に伸ばしている。

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。