管理監督者と認めず 弁当業者に支払い命令 静岡地裁

2017.03.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 弁当販売店の「ほっともっと」などを運営する㈱プレナス(福岡県福岡市)の元店長が、管理監督者として扱われ残業代が支払われなかったのは違法と訴えた裁判で、静岡地方裁判所(関口剛弘裁判長)は、同社に残業代と付加金計170万円の支払いを命じた。

 原告は、平成24年11月から店長として勤務していた。店長は管理監督者として扱われ、5万円の手当が支給されていたが、残業代は支払われていなかった。賃金は、月約25万円、年収では326万円程度だった。現在は同社を退職している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月6日第3103号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ