『IT業』の労働関連ニュース

2019.08.08 【労働新聞】
【フォーカス】ユー・エス・イー/体験型研修で若手育成 主任までに3回実施

問題解決力アップめざす  システム設計や開発、ITコンサルティング業の㈱ユー・エス・イー(東京都渋谷区、吉弘三男代表取締役社長、740人)は、17年間にわたって社内で開催するワークショップ(=体験型研修、以下WS)で社員の育成や若手抜擢を図る。30歳代半ばまでのキャリア形成を強く意識し、入社2~3年目に「新卒入社2年次」「セルフマネジメン……[続きを読む]

2019.06.18 【労働新聞】
転職紹介実績2割超増加に 人材紹介協会

 日本人材紹介事業協会は、2018年度下期(10~3月期)の大手3社の転職紹介実績を集計した。紹介を経て転職した人数は前年同期比123%に上った。  首都圏における業種別では、全業種で前年同期を上回った。IT・通信が前年同期比125%となったほか、多くの業種で2割以上伸びている。  年齢別では、41歳以上が4割以上増加した。[続きを読む]

2019.06.05 【労働新聞】
中国人24人を採用 現地教育で即戦力に SYSHD

 中国人の大卒新卒採用を現地で進めている情報サービス業の㈱SYSホールディングス(愛知県名古屋市、鈴木裕紀代表取締役会長兼社長)は、来春24人が来日する予定を明らかにした。中国での採用は2年前から始めたもので、計27人が即戦力で活躍している。  同社では現在、社員の11.9%に相当する88人の外国籍社員が働く。…[続きを読む]

2019.02.14 【労働新聞】
【賃金調査】情報労連/ITエンジニアの労働実態調査 大卒35歳モデル31.9万円に ピークで初任時の2倍強

職種別の賃金レンジ SEは16万~42万円  情報労連の「ITエンジニアの労働実態調査」によると、大卒のモデル所定内賃金は、22歳21.1万円、35歳31.9万円、45歳40.2万円、55歳42.2万円などとなった。35歳で初任時の1.5倍を超え、ピークを迎える50歳43.2万円では2.05倍に達するカーブを描いている。各社での最低額・最……[続きを読む]

2019.02.13 【労働新聞】
新卒採用終了を決定 人材ごとのポスト用意 ㈱ガイアックス

 IT業の㈱ガイアックス(東京都千代田区、上田祐司代表執行役社長、連結正社員120人)は来年度で新卒採用を終了する方針を決定した。2020年末までに社内から新卒採用という言葉をなくす。新卒者だけにターゲットを絞らず、より多くの人材と多様な形での関係構築をめざす。  かかわり方は正社員雇用に限らない。これまでも30歳以下を対象に通年採用を実……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ