string(27) "/news/news_tag/it%E6%A5%AD/"
string(8) "news_tag"

『IT業』の労働関連ニュース

2018.10.10【労働新聞】
【フォーカス】and factory㈱/中途人材の採用と定着 1次から役員が面接官

定着率向上へ入口重視 30人採用し離職者は2人 and factory㈱(東京都目黒区、小原崇幹代表取締役社長、72人)は業績の急拡大に伴い、中途採用を積極化している。エンジニアはこの3年で30人を採用し、離職者はわずか2人にとどまる。高い定着率の実現には”入口”が大切と考えており、採用試験は1次面接から人事担当役員が面接官を務める。自社……[続きを読む]

初夏には屋形船を貸し切り社員同士の交流を深める
2018.10.09【労働新聞】
月曜午前は「出社扱い」 休んでも賃金支払う オウケイウェイヴ・10月から

低い生産性に着目し実施 インターネット上でQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する㈱オウケイウェイヴ(東京都渋谷区、松田元代表取締役社長)は10月から、社員が月曜日午前中に休んでいても「出社扱い」にする取組みを始めた。働いていない場合でも賃金を支払う。休み明けの労働生産性の低さに着目したもの。生産性向上や業務効率化を検討する中で、同時間帯の……[続きを読む]

2018.09.28【労働新聞】
海外子会社設立 時差活用し夜勤なくす コーソル

 データベースの運用保守サポート事業を展開する㈱コーソル(東京都千代田区、金山俊明代表取締役)は、働き方改革を目的としてカナダのトロントに子会社を設立した。海外事業展開の足掛かりにする一方、日本との時差(冬季14時間、夏季13時間)を活用して夜勤のない勤務シフトの構築を狙う。 新会社「コーソルカナダ」は、本社から日本人社員6人が転籍して立……[続きを読む]

2018.09.18【労働新聞】
多重派遣で改善命令 東京・大阪のIT業2社に

 東京労働局(前田芳延局長)は、他社から受け入れた労働者を別の企業に送り出す違法な「多重派遣」を行ったとして、派遣元事業主でウェブシステム開発業の㈱HAL(東京都渋谷区)に対し、労働者派遣法に基づき事業改善を命令した。 同社は平成28年11月~29年8月、大阪市のソフトウェア開発会社で派遣業許可事業者の㈱NetValueとの間で業務委託契……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ