『IT業』の労働関連ニュース

2021.04.08 【労働新聞】
【賃金事例】ファンタステクノロジー/目標管理に法令遵守を加味 減点方式で問題行動防ぐ

等級別「スキル表」活用し  ITを駆使した不動産業を営むFANTAS technology㈱(東京都渋谷区、國師康平代表取締役)は昨年12月、社員の自己実現と組織成長を目的として、ジョブグレード制と個人の目標管理の達成度にコンプライアンス(法令遵守)を加味する人事評価制度を導入した。目標達成率を点数に置き換える際、期中に法令上の問題があっ……[続きを読む]

2021.03.25 【労働新聞】
【賃金事例】さくらインターネット/役割踏まえ「期待値」設定 期初にとるべき行動具体化

6段階で評価し昇給・昇格へ  IT業のさくらインターネット㈱(大阪府大阪市、田中邦裕代表取締役社長)では、個々人の役割に応じて「期待値」を設定し、半年サイクルで評価・フィードバックを行い、昇降格に反映する人事制度を運用している。昨年10月の人事制度改定では、上司との間で決める期待値の基準を変更した。期待値は、業務期待値、自社の行動基準(バ……[続きを読む]

2021.02.25 【労働新聞】
初任給2.2万円引上げへ 住宅手当廃止受け 若手に最大1.5万円ベア メンバーズ

 デジタルビジネス支援事業を展開する㈱メンバーズ(東京都中央区、剣持忠代表取締役社長)は、4月に入社する学卒者の初任給を2.2万円アップし、一律24.2万円へ引き上げる。独り暮らしの新人に2年間限定で支給してきた住宅手当を廃止するのに伴う措置で、併せて入社3~4年目程度までの若手をターゲットに900~1万5000円のベースアップを行う。昨……[続きを読む]

2021.01.25 【労働新聞】
同性婚にも制度適用 慶弔休暇や祝金支給 TIS

 ITサービス大手のTIS㈱(東京都新宿区、桑野徹代表取締役会長兼社長)は、多様な性のあり方・家族のあり方を前提として各種制度の適用範囲を見直した。1月以降は同性婚、事実婚などの場合も既存の手当や休暇付与の対象とする。  今後は婚姻届の有無や事実婚、同性婚などの形態にかかわらず、…[続きを読む]

2021.01.14 【労働新聞】
【フォーカス】ATTS/年間で新卒6人を獲得 「ユースエール」が効果

男性育休取得にも力注ぐ  IT業のATTS㈱(大分県大分市、菊池充代表取締役社長、84人)は、負荷の大きいプロジェクトに対する早めの人員投下などにより時間外労働の削減を進めている。年次有給休暇については、年末年始などに「取得奨励日」を設けており、年間平均取得日数は12日程度に上る。働きやすい職場環境づくりに注力した結果、「ユースエール認定……[続きを読む]

ページトップ