『WLB』の労働関連ニュース

2018.10.19 【労働新聞】
労使協力してイクボス推進 三重

 三重県経営者協会(小倉敏秀会長)と連合三重は、男性の部下の育児参加に理解ある経営者や上司を指す“イクボス”を広めるため、労使によるイクボス推進宣言を行った。労使で宣言するのは全国初という。 同経協は、まずは宣言を会員企業などへ周知し、イクボスの考え方を広めるとともに、男性が育児休業などを取得しやすい雰囲気を醸成してワーク・ライフ・バラン……[続きを読む]

2018.10.09 【労働新聞】
月曜午前は「出社扱い」 休んでも賃金支払う オウケイウェイヴ・10月から

低い生産性に着目し実施 インターネット上でQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する㈱オウケイウェイヴ(東京都渋谷区、松田元代表取締役社長)は10月から、社員が月曜日午前中に休んでいても「出社扱い」にする取組みを始めた。働いていない場合でも賃金を支払う。休み明けの労働生産性の低さに着目したもの。生産性向上や業務効率化を検討する中で、同時間帯の……[続きを読む]

2018.10.01 【労働新聞】
レンタカー各社が働き方改革 ニッポンレンタカーは24時間営業廃止

残業の上限規制へ対応 レンタカー業界で働き方改革が進んでいる。ニッポンレンタカーサービス㈱(東京都千代田区、荒幡義光代表取締役社長)は、店舗の24時間営業を取りやめる。深夜の営業をなくし、社員のワーク・ライフ・バランスを推進する。改正労基法に基づく残業時間の“上限規制”へ対応する側面もある。他社でも営業時間短縮などの取組みが進行中だ。…[続きを読む]

2018.05.29 【労働新聞】
キャリア支援で2社が“大賞”に WLB推進会議

 あいおいニッセイ同和損害保険㈱と西部ガス㈱が大賞に――日本生産性本部が設置するワークライフバランス推進会議(代表幹事=石塚邦夫㈱三越伊勢丹ホールディングス特別顧問)は、ワーク・ライフ・バランス(WLB)を実現している企業を表彰した=写真。 石塚代表幹事は挨拶のなかで大賞の2社について、削減した労働時間を活用してキャリア形成支援を行ってい……[続きを読む]

2018.05.11 【労働新聞】
フレックス制などを設ける コンコルディアFG

 ㈱コンコルディア・フィナンシャルグループとその子会社である㈱横浜銀行などは4月、効率的な働き方の推進とワーク・ライフ・バランスの実現に向けて複数の人事制度を導入した。 総労働時間の縮減策には、コアタイムを11~14時とするフレックスタイム制度の開始と、本部の企画・管理業務などにおけるテレワークの導入検討を掲げる。具体的な数値目標は設定せ……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ