『運送業』の労働関連ニュース

2020.07.10 【安全スタッフ】
輸送品目別にガイドライン 着脱式車両で荷待ち削減 国交省

物流の長時間労働改善へ  国土交通省は、輸送品目別の「荷主と運送業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン」を取りまとめた。「建設資材物流編」「加工食品物流編」「紙・パルプ(家庭紙分野)物流編」「紙・パルプ(洋紙・板紙分野)物流編」の4つを策定している。出荷工場での荷積み作業の繁閑差が激しく、構内作業員の平準化が図られ……[続きを読む]

2020.05.22 【労働新聞】
「標準的な運賃」告示 ドライバーの処遇改善 国交省

 国土交通省は、トラック運送業における標準的な運賃を告示した。昨年施行の改正貨物自動車運送事業法に盛り込まれた「標準的な運賃の告示制度」に基づくもので、運送事業者が法令を遵守して持続的に事業を運営する際に参考となる運賃を示すことによって、取引適正化と労働条件の改善を促進する狙い。…[続きを読む]

2020.05.12 【安全スタッフ】
【トピックス】令和2年度 主要労働局の重点施策 高齢者対策に力注ぐ 転倒災害防止を強化 災害防止に補助金活用を―東京労働局 減少傾向鈍い業種に焦点―大阪労働局

 第13次労働災害防止計画の3年目に当たる本年は、3月に高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドラインが策定されたこともあり、高齢者対策に力を入れる労働局が目立っている。さらに、高齢者はちょっとしたつまずきでも重篤な災害につながりやすいことから転倒防止にも力を入れる。東京労働局では、中小規模事業場を対象に段差の改修などにかかった費用を負……[続きを読む]

2020.02.26 【安全スタッフ】
【特集1】シート掛け作業の墜落防止へ 手軽に使える簡易足場板が効果 ハーネス型安全帯取付設備でより安全に/コベルコマテリアル銅管秦野工場

 コベルコマテリアル銅管秦野工場(神奈川・秦野市)は、トラック荷台でのシート掛け作業中の墜落災害を防止するため、ハーネス型安全帯を使用するためのエスコートレール、あおり上に簡単に掛け外しできる足場板による二重の安全対策を講じている。作業性を考えて作られた設備が、類似災害の発生を未然に防ぎ、運送会社のドライバーが安心して働くことのできる環境……[続きを読む]

2020.02.12 【安全スタッフ】
【スポット】陸運業の災害防止で事例集 墜落対策を写真使い分かりやすく 亀戸労基署がHPに公開

 東京・亀戸労働基準監督署(雨森哲生署長)は、「陸上貨物運送事業における労働災害防止対策好事例集」を作成し、東京労働局のホームページ上で公開している。このほど、改訂版として10事例を追加した。事例集では、荷台からの墜落・転落防止対策やフォークリフトとの歩車分離線表示など好事例を写真で紹介。目で見て分かるので、具体的な改善を行いやすいと好評……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ