『連合』の労働関連ニュース

2019.09.12 【労働新聞】
【賃金調査】厚労省/民間主要企業の賃上げ 平均妥結額6800円に微減 定昇込み賃上げ率2.18% NEW

半数超の産業でダウン  厚生労働省がまとめた民間主要企業の春季賃上げ集計によると、今年の平均妥結額は6790円となり、前年結果の7033円を243円下回った。交渉前の平均賃金31.1万円に対する賃上げ率は、0.08ポイント低い2.18%となっている。産業別では、計20産業のうち9産業がプラスで、11産業がマイナスだった。最も高い機械が80……[続きを読む]

2019.08.23 【労働新聞】
派遣法改正 知っていた5% 同一労働同一賃金で調査 連合

 連合はこのほど「派遣労働者に関する調査2019」をまとめた。2020年4月に改正労働者派遣法が施行されるが、その内容について「詳細まで知っていた」と答えたのはわずか5.2%だったことが明らかになった。  同調査は、全国の20~69歳の派遣労働者1000人に聞いたもの。同一労働同一賃金の実現をめざした改正法施行まで1年を切ったことから実施……[続きを読む]

2019.08.09 【労働新聞】
ハラスメント 条約批准めざし法整備を求める 連合

 連合は、このほど「第108回ILO創立100周年記念総会『仕事の世界における暴力とハラスメントの根絶に関する条約・勧告』採択についての報告会」を開催した。  逢見直人会長代行は、「ハラスメントに特化した初めての国際条約が採択されたことは歴史的な成果」と評価(写真)。また、「連合は、ハラスメントの根絶に向けて引続き実効性ある対策を求めてい……[続きを読む]

2019.07.22 【労働新聞】
平均では約6000円に 19賃上げ交渉最終集計 連合

 連合は、このほど19賃上げ交渉の最終集計をまとめた。それによると、月例賃金改善を要求した5540組合のうち、9割を超える5085組合が妥結した。そのうち月例賃金改善を獲得したのは1896組合で、獲得率は37.3%だった。  定昇込みの平均賃上げ方式で回答を引き出した5405組合の…[続きを読む]

2019.06.24 【労働新聞】
「締結」約6割に上る 連合が36協定の実態調査

 連合は、このほど「『36協定』『日本の社会』に関する調査2019」をまとめた。その結果、正社員・正職員、契約・嘱託・派遣社員(658人)に自分の勤め先で36協定が締結されているかを聞いたところ「締結されている」が59.1%、「締結されていない」が10.8%となった。また、「締結されているかどうか分からない」が30.1%もあり、36協定の……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ