『賃金台帳』の労働関連ニュース

2019.03.20 【労働新聞】
【今週の視点】事業場外みなしが変わる!? 時間把握を義務付け

協定改定するキッカケに  働き方改革関連法による安衛法改正により、「労働時間の状況把握」が義務付けられた。把握の方法は、基本的に労基法に基づく「労働時間の適正把握ガイドライン」と同様だが、安衛法では「管理監督者やみなし労働時間制適用者」も対象とされている。特に事業場外労働みなし制については、実態データの蓄積が協定にフィードバックされる効果……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ