『賃上げ』の労働関連ニュース

2021.12.06 【労働新聞】
多様性の欠如が課題 野心的な意欲も消失 諮問会議 NEW

 経済財政諮問会議の有識者議員は、新しい経済社会の構築に関する提言をまとめた。日本経済の大きな課題は、民間のアニマルスピリッツ(野心的な意欲)の消失と多様性の欠如から生じる硬直性にあると分析している。  それによると、日本経済はデフレではない状況となり生産年齢人口が約550万人減少する中で…[続きを読む]

2021.12.02 【労働新聞】
【賃金調査】厚労省 賃金引上げ等の実態調査/100人以上の改定額 246円減り4694円 ベア実施率が20%割る NEW

減少幅は406円縮小  厚生労働省の「令和3年賃金引上げ等の実態に関する調査」によると、規模100人以上の企業における賃金改定額は1人平均4694円となり、前年結果を246円下回った。3年連続して前年を割り込んだが、減少幅は406円縮小している。改定率は、0.1ポイント減の1.6%だった。定昇制度を有する企業のうちベアを実施した企業は2割……[続きを読む]

2021.11.25 【労働新聞】
新しい資本主義 フリーランス保護法制定へ 法案を早期国会提出 禁止行為の明確化図る

最賃の平均は早期1000円に  政府の新しい資本主義実現会議(議長・岸田文雄内閣総理大臣)はこのほど、「緊急提言」をまとめ、新たなフリーランス保護法制の早期国会提出を明記した。事業者がフリーランスと契約する際の契約や禁止行為の明確化などを行うとしている。最低賃金については、地域間格差にも配慮しながら、より早期に全国加重平均1000円をめざ……[続きを読む]

2021.11.24 【労働新聞】
公的価格引上げに向け議論開始 政府

 政府は11月9日、「公的価格評価検討委員会」の第1回会議を開き、看護師や介護職員、保育士、幼稚園教諭の賃金引上げに向けた議論を開始した。年末までに中間整理を取りまとめるとしている。  会議の場で岸田文雄総理大臣は「公的価格の在り方を見直し収入を引き上げていくことは、私の掲げる分配戦略の大きな柱」と強調。経済対策で必要な措置を講じ、春闘が……[続きを読む]

2021.11.02 【労働新聞】
前年に続きベア 2%程度要求へ 連合・春闘基本構想

 連合は今期初の中央執行委員会を開き、来春闘の基本構想として賃上げ分を2%程度、定期昇給相当分を含めて4%程度の賃上げを目安とすることを確認した。ベア要求は2014年以来9年連続で、それぞれの産業における最大限の「底上げ」に取り組むなどとしている。  定昇込みで4%という数字は前年と同じだが、公表は例年より1カ月早めた。産別や単組で検討す……[続きを読む]

ページトップ


ご利用いただけません。