『調査』の労働関連ニュース

2020.04.08 【労働新聞】
7割が無制限も全員実施は16% テレワーク実態 新型コロナ・緊急調査 NEW

 一般社団法人日本テレワーク協会(加藤薰会長)が会員企業に行った緊急調査によると、新型コロナウイルスへの対応でテレワークを実施している企業のうち、従業員の「ほぼ全員」が実施していると答えた企業は、15.9%だった。10個の選択肢を設けて「何割程度か」を聞いたもので、最多は「1割程度」20.6%、次いで多いのは「7割程度」17.5%となって……[続きを読む]

2020.04.06 【労働新聞】
70歳雇用の予定 定年延長が2割 富山経協調べ NEW

 一般社団法人富山県経営者協会がまとめた「人手不足解決施策に関する調査」で、高年齢者雇用安定法改正を見据えた取組みとして、定年延長を予定する企業が2割を超えた。調査は会員企業を対象に行い、190社の回答を得ている。  将来を見据えた高年齢者(70歳)雇用への取組み予定について聞いたところ、定年延長が23.0%、定年廃止が1.1%、再雇用制……[続きを読む]

2020.03.27 【労働新聞】
64%が計画的付与 年休5日取得に向けて 千葉県調査

 千葉県が中小企業を中心に実施した調査で、年次有給休暇に関する年5日の取得義務化への対応策で最も多いのが「計画的付与の実施」であることが分かった。  複数回答で対応策を尋ねたところ、計画的付与と半日単位などの柔軟な取得制度が、それぞれ64.2%、56.5%とめだつ。経営者による取得奨励は36.9%、…[続きを読む]

2020.03.24 【労働新聞】
新卒求人初任給 2年連続で増加 東京労働局

 2年連続で求人初任給が増加――東京労働局(土田浩史局長)は、令和2年3月新規学校卒業者の求人初任給調査結果をまとめた。都内ハローワークで受理した求人票記載の初任給の集計値はは、高校卒、専修卒、短大卒、大学卒の全学歴で前年を上回った。すべての学歴で増加したのは平成31年3月卒業者調査から2年連続。  調査では、「定額的に含まれる賃金」の中……[続きを読む]

2020.03.23 【労働新聞】
インターバル制の導入率2割弱 大阪府

 大阪府がまとめた「令和元年度労働関係調査」で、2割弱の事業所が勤務間インターバルを導入していることが明らかになった。調査は常用労働者30人以上の約2000事業所の回答を集計したもので、昨年7月末現在の状況を聞いている。…[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ