『調査』の労働関連ニュース

2022.05.14 【Web限定ニュース】
「時差出勤導入や労働時間短縮」が5割強 新型コロナの影響で 大阪府・調査 NEW

 大阪府は「令和3年度 労働関係調査報告書」を取りまとめた。企業に対して新型コロナウイルスの影響を受けて取り組んだ事項を複数回答で聞いたところ、「時差出勤制度の導入や労働時間の短縮をした」と回答した企業は全体の54.3%だった。他の取組みと比べてめだって高率となっている。調査は、1739事業所からの有効回答を集計したもの。  「時差出勤な……[続きを読む]

2022.05.09 【労働新聞 ニュース】
勤続37年の定年者2380万円 人事院・退職金調査

 人事院は、退職給付水準の官民比較を行うため、50人以上規模の民間企業約7600社に実施した調査の結果を明らかにした。令和2年度中に退職した者のうち、勤続37年で定年退職した約1.4万人の平均退職給付額は、2382万円(企業年金現価額含む)となっている。  企業規模別では、1000人以上が2728万円と飛び抜けて高い水準を示す一方、以下の……[続きを読む]

2022.04.26 【労働新聞 ニュース】
中小66%が影響懸念 最賃額30円引上げで 日商・東商調査

 日本商工会議所と東京商工会議所(三村明夫会頭兼任)は、中小企業6000社に実施した最低賃金引上げの影響に関する調査結果を取りまとめた。今年の引上げ額が30円となった場合、「経営に影響がある」と回答した企業が65.7%となっている。  仮に30円引き上げられた際にとる対応策としては、「設備投資の抑制など人件費以外のコスト削減」が45.9%……[続きを読む]

2022.04.22 【労働新聞 ニュース】
労務費反映28%に 受注者の価格転嫁進まず 中企庁調べ

 中小企業庁が約2000社からの回答を集計した取引適正化に関する調査によると、労務費の上昇を取引価格に反映できたとする受注者の認識は28%に留まることが分かった。一方、発注者は71%が反映できたと回答しており、受注者の認識とは40ポイント以上の差が生じている。…[続きを読む]

2022.04.13 【労働新聞 ニュース】
新卒者追跡調査 “相談相手”いる6割に適職意識 全求協

 全国求人情報協会(鈴木孝二理事長)が2021年度の新卒者に対して入社半年後に実施した追跡調査によると、「仕事や私生活について相談する相手がいる」と回答した新卒者のうち、60.8%が適職意識(自分はこの会社に向いている)を持っていることが分かった。一方で、「ほぼ毎日残業している組織風土がある」と答えた新卒者の適職意識は、2割程度に留まって……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。