『能力開発目標』の労働関連ニュース

2016.07.25 【労働新聞】
【賃金事例】メンバーズ/残業半減で月給27%アップ 早期育成へ体系見直しも 3年後に月15時間が目標

 ㈱メンバーズ(東京都中央区、剣持忠社長)は、今後3年間で平均残業時間の半減に取り組み、達成度によって最大で月給の27%アップを行う目標を掲げている。時短によって生産性向上を図り、その成果を毎春の賃金改定で還元するルールを明らかにしたもので、現在の月平均残業時間30時間を2019年4月までに15時間程度に抑える。併せてグレード体系、給与テ……[続きを読む]

ページトップ