『監督結果』の労働関連ニュース

2019.12.19 【労働新聞】
ベトナム実習生 賃金台帳偽装し送検 違法残業・未払いも 伊那労基署

タイムカード2枚渡す  長野・伊那労働基準監督署(西尾裕一朗署長)は、ベトナム人技能実習生らに違法な時間外労働をさせ、割増賃金を支払わなかったうえ賃金台帳に虚偽の記載をしたとして、㈲キットウ(長野県上伊那郡)とその子会社の㈲キットウココ(長野県上伊那郡)、および両社の経営を統括する代表者の計2社1人を、労働基準法第108条(賃金台帳)違反……[続きを読む]

2019.12.02 【労働新聞】
過重労働 30年度監督指導違反率は65%に 秋田労働局

 秋田労働局(甲斐三照局長)は平成30年度の長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果をまとめ、監督指導を実施した300事業場のうち、195事業場(65.0%)で労働基準関係法令違反があり、是正勧告を行ったと発表した。  違法な時間外労働は123事業場(違反率41.0%)で認められた。このうち1カ月80時間を超える時間外・休日労働があ……[続きを読む]

2019.11.25 【労働新聞】
4割で違法残業に 3000社超を監督指導 東京労働局 

 東京労働局(土田浩史局長)は、長時間労働が疑われる事業場に対して平成30年度に実施した監督指導の結果を明らかにした。前年度の1.3倍に当たる3155事業場に実施したところ、約4割で違法な時間外労働が発覚している。32事業場では、月200時間を超える違法な時間外労働を行わせていた。  監督指導は、過労死などの…[続きを読む]

2019.11.08 【労働新聞】
遡及払い過去最高に サービス残業是正指導で 山形労働局

 山形労働局(河西直人局長)は平成30年度の賃金不払い残業の是正状況をまとめ、遡及払いをした企業数、遡及払い総額、支払いを受けた労働者数のすべてが、記録が残る15年度以降最高になったと発表した。  割増賃金が適正に支払われていないとして是正指導した企業のうち、…[続きを読む]

2019.11.01 【労働新聞】
30年度監督指導 5割の会社が違法な時間外 長野労働局

 長野労働局(中原正裕局長)は平成30年度に長時間労働が疑われる事業場に対して行った監督指導結果をまとめ、約5割の事業場で違法な時間外労働が認められたと発表した。  対象となった592事業場のうち、285事業場(48.1%)で違法な時間外労働があった。このうち1カ月80時間を超える時間外・休日労働は214事業場、100時間超は139事業場……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ