string(61) "/news/news_tag/%E7%94%9F%E7%94%A3%E6%80%A7%E5%90%91%E4%B8%8A/"
string(8) "news_tag"

『生産性向上』の労働関連ニュース

2018.07.19【労働新聞】
生産性高める家具に熱視線 人事関係見本市 NEW

 国際見本市の企画・運営を手掛けるリード エグジビションジャパン㈱(東京都新宿区)は7月11日からの3日間、働き方改革や人事労務、福利厚生に関する大規模な見本市「総務・人事・経理ワールド2018」を東京ビッグサイトで開催した。 働き方改革に関するエリアでは、オフィス環境を改善して生産性向上をめざす取組みに資するオフィス家具をPRする企業が……[続きを読む]

2018.07.03【労働新聞】
「心理的安全性」重視へ 意思疎通を活性化 愛知経協

働き方改革成功のカギ 愛知県経営者協会(加藤宣明会長)は、「働き方改革時代のマネージャーのあり方(写真)」と題する報告書をまとめた。限られた時間で効率よく働くという働き方改革を成功させるため、マネージャーは、会社の方針を理解し部下に伝え、業務改善について会社に上申する必要があるとした。会社側としては、研修で期待する役割を伝達したり、安心し……[続きを読む]

2018.07.02【労働新聞】
働き方改革 “フェスタ”開き本気度示す 新社長らが意見表明 九州電力

「仕事の目的意識持て」と 九州電力㈱(福岡県福岡市、池辺和弘代表取締役社長)は、働き方改革への会社の本気度を示す目的で、初めて全社的な“フェスタ”を開催した。経営層が登壇して「残業削減だけが目的ではない」「仕事の目的意識を持とう」などと意見表明をすれば、現場からも仕事に目的意識を持つことで生産性を高めたなどの事例が報告された。今月には休息……[続きを読む]

2018.06.28【労働新聞】
建設業 不当に短い工期を排除 発注者へ勧告制度 国交省・中建審「中間とりまとめ」

長時間労働の是正狙う 国土交通大臣の諮問機関である中央建設業審議会・社会資本整備審議会の基本問題小委員会は、建設業の担い手確保の取組みを強化するために講ずべき措置を示した「中間とりまとめ」を策定した。長時間労働の是正や処遇改善などを柱に建設業法令の改正を視野に入れた施策を盛り込んだ。長時間労働の是正をめざし適正工期設定を推進することとし、……[続きを読む]

2018.06.19【労働新聞】
4週8閉所めざす 静穏日など天候に合わせ 埋浚協

 気象条件に合わせながら4週8閉所実現をめざす――港湾工事業者などが会員の一般社団法人日本埋立浚渫協会(清水琢三会長)は、働き方改革推進に向けた基本方針をまとめた。 晴天で波がない「静穏日」が連続していないと進められない作業がある、漁業や水運業者が船舶を航行していない時でないと作業ができない――など、建設業のなかでも、工事に取り組むための……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ