『求人初任給』の労働関連ニュース

2020.06.04 【労働新聞】
21年大卒 求人初任給 総合職21.8万円に 4割の企業が引上げ 本紙調査

全職種で伸び率1%超  2021年3月卒の大卒求人初任給を本紙が調べたところ、集計した全4職種で前年結果を上回り、総合職は3000円増の21.8万円、技術系は3600円増の21.6万円などとなった。総合職では、比較可能な企業の4割が増額している。新型コロナウイルスによる経済停滞が懸念されるなか、少なくとも来春に就職を控えた世代に関しては、……[続きを読む]

2020.04.09 【労働新聞】
【賃金調査】東京労働局/学卒者の初任賃金 都内の大卒求人初任給 専門・技術職は21.2万円 前年比でほぼ横ばい 

高卒「18万円台」が5割超  今春入社した学卒者の求人初任給を集計した東京労働局の「学卒者の初任賃金」調査によると、大卒の専門・技術職は21万2100円、事務職は20万4200円だった。前年からの伸び率は1%以下で、ほぼ横ばいとなっている。階級別分布状況をみると、高卒は、18万円以上の企業が合計5割超を占めている。20万円以上に設定するケ……[続きを読む]

2017.06.05 【労働新聞】
平成30年大卒求人初任給 前年比増の水準提示が大半 「売り手市場」で企業

技術系など21万円定着 平成30年3月卒業見込みの大学生を対象にインターネットなどで公開されている求人初任給の水準を本紙が調べたところ、売り手市場の下、前年水準を上回る金額提示が多い実態が分かった。技術系と総合職では21万円を超す水準が定着した感があり、営業プロパーなど収益向上の鍵を握る職種の平均は23万円を超えている。給料の多寡を学生心……[続きを読む]

2016.04.14 【労働新聞】
大卒求人初任給 700円増の20万3000円に 平成28年3月卒 東京労働局調べ

 東京労働局(渡延忠局長)は、平成28年3月新規学校卒業者の求人初任給調査結果をまとめた。都内ハローワークで受理した求人票記載の初任給を集計したところ、大学卒は、前年比0.3%(700円)増の20万3000円で、高校卒は同1.0%(1600円)増の17万円だった。一方、短大卒と専修学校卒は順に同0.3%(500円)減の18万8500円、0……[続きを読む]

2015.08.17 【労働新聞】
平成28年高卒求人初任給 建設業の採用意欲高まる 本紙調査

技術系で19万円間近 "人手不足"状況を反映 来春卒業する高校生を対象にした求人初任給の水準を本紙が調べたところ、技術・技能系全体の平均は18万1026円となり、前年より2719円増えたことが分かった。前年比1000円増の建設業は19万円目前の水準(18万9090円)で、人手不足のなか、採用にしのぎを削る企業の姿が浮彫……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ