『時間外労働』の労働関連ニュース

2019.05.20 【労働新聞】
200時間超残業が34社 過重労働解消へ監督 厚労省 NEW

 厚生労働省は、昨年11月に実施した過重労働解消キャンペーンにおける重点監督の実施結果を取りまとめた。3割を超える事業場で違法な時間外労働が発覚している。34事業場では、月200時間を超える時間外・休日労働を行わせていた。  重点監督は、過重労働による過労死などの労災請求があった事業場や若者の「使い捨て」が疑われる事業場など8494事業場……[続きを読む]

2019.05.10 【労働新聞】
警備記録から推認 145時間超の残業で自殺 福岡地裁

 自殺した歯科技工士の遺族が、長時間労働による精神疾患に起因するとして歯科医院を訴えた裁判で、福岡地方裁判所は、遺族の主張を認め、約4200万円の損害賠償の支払いを命じた。病院は労働時間を全く管理していなかったが、警備システムの記録から推定し、死亡前6カ月間中5カ月で月145時間超の時間外労働を認めた。  歯科技工士は、平成4年から勤務を……[続きを読む]

2019.05.08 【労働新聞】
運送業者の事業許可取消し 過重労働是正せず 関東運輸局

労基署が過去2度送検も  関東運輸局は運転者の過重労働防止のための改善基準告示などを守らなかったとして、関東西部運輸㈱(千葉県野田市、田口哲士代表取締役)の事業許可を取り消した。これまで事業停止などの行政処分を3度行ってきたが、1月17日と23日の監査でも改善がみられず、累積違反点数が許可取消し処分に当たる80点を超えた。千葉・柏労働基準……[続きを読む]

2019.03.15 【労働新聞】
「36協定」知って! 連合が記念日制定イベント 罰則付き上限規制控え

 連合は3月6日、「36協定」の重要性を全国に広める目的で立ち上げた「36(サブロク)の日」制定記念発表会を東京都内で開催した。まずは大手を対象に4月から始まる時間外労働の上限規制(罰則付き)の実効確保を狙うもの。  イベント会社とタイアップした催しは労組らしからぬ演出が施され、お笑い芸人の岡田圭右さん、キンタロー。さんとともに舞台袖から……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ