『女性管理職』の労働関連ニュース

2020.06.30 【労働新聞】
3年目以降4割弱に 大卒女性の管理職志向 国立女性教育会館 NEW

 大卒女性の管理職志向は入社2年目に5割を切り、3~5年目は4割弱に――。(独)国立女性教育会館(内海房子理事長)が実施した新卒入社者に対する追跡調査で、男女間における管理職志向の変化の違いが明らかになった。  男女別に管理職志向(「管理職をめざしたい」「どちらかといえばめざしたい」の合計)の推移をみると、男性は…[続きを読む]

2020.04.22 【労働新聞】
女性管理職は8% 神奈川県・民間企業

 神奈川県は、令和元年度の女性の社会進出に関する届出結果を公表した。届出数は神奈川県内に拠点を置く民間の626事業所。  部長職と課長職を合わせた管理職における女性割合は全体の8%だった。役職別にみると、部長職は5%、課長職は9%、管理職に近い係長職は15%となっている。  全正社員のうち女性正社員は25%で、業種別では、運輸業が11%、……[続きを読む]

2020.01.24 【労働新聞】
管理職比率が17% 総理大臣賞に花王 内閣府・女性活躍

 内閣府は、「女性が輝く先進企業2019」の受賞企業を公表した。内閣総理大臣表彰には、女性管理職比率を17.6%まで高めた日用品メーカーの花王㈱(東京都中央区)が選ばれている。  同社では、基幹人材の選抜において組織の男女比率に応じた目安を設定。女性管理職のロールモデルが少ないため、管理職層を複数の外部異業種交流研修に派遣する取組みを進め……[続きを読む]

2019.12.06 【労働新聞】
新行動計画を策定 女性の定着・入職・活躍へ 日建連

 日本建設業連合会(山内隆司会長)は、女性活躍推進に関する新しい行動計画「けんせつ小町活躍推進計画」を策定した。2020~24年度の5年間を対象期間とし、「定着」「活躍」「入職」の3つの分野で女性を支援していく方針を示している。  建設業への定着に関する目標として、会員企業に勤める女性社員の勤続勤務年数の向上や、…[続きを読む]

2019.11.07 【労働新聞】
建設業・女性活躍推進 5年で管理職2.3倍に 技術・技能者も大幅増 日建連

時差出勤制度の活用拡大  女性の技術者は1.6倍、技能者は1.3倍に増加――日本建設業連合会(山内隆司会長)は、女性活躍推進のアクションプランなどを策定した2014年以降の5年間の取組み成果を明らかにした。企業における行動指針作成や働きやすい現場環境の整備などによって、女性の技術者・技能者が13年度比で大幅に増加している。管理職への登用も……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ