『大卒』の労働関連ニュース

2019.06.13 【労働新聞】
【賃金調査】中労委/平成30年賃金事情調 査大手の大卒・総合職モデル 55歳62万円がピーク 22歳に比べ2.8倍に

高卒生産 軒並み1%以上改善  大手企業の賃金実態を調べている中央労働委員会の「賃金事情調査」によると、大卒・総合職のモデル賃金は22歳21.9万円、35歳40.2万円、45歳55.0万円、55歳61.8万円などとなった。35歳までの若年層で1%台の改善がみられた一方、高齢者層は落ち込んでいる。ピークを迎える55歳の水準は、初任時22歳に……[続きを読む]

2019.06.06 【労働新聞】
令和2年・大卒求人初任給 営業系で3800円増 全職種が前年上回る 本紙調査

技術系は22万円台に到達  令和2年3月卒業見込みの大学生を対象に企業が提示している求人初任給の水準を本紙が調べたところ、前年と比較可能な企業の単純平均が全調査職種で上昇していることが分かった。営業系は対前年比3803円増の23万3091円、技術系は同3693円増の22万178円となっている。近年の人手不足により、初任給が高騰しつつある模……[続きを読む]

2019.06.05 【労働新聞】
中国人24人を採用 現地教育で即戦力に SYSHD

 中国人の大卒新卒採用を現地で進めている情報サービス業の㈱SYSホールディングス(愛知県名古屋市、鈴木裕紀代表取締役会長兼社長)は、来春24人が来日する予定を明らかにした。中国での採用は2年前から始めたもので、計27人が即戦力で活躍している。  同社では現在、社員の11.9%に相当する88人の外国籍社員が働く。…[続きを読む]

2019.05.23 【労働新聞】
【賃金調査】経団連・東京経協/2018年退職金・年金調査 60歳モデル退職金 総合職・大卒2260万円 高卒・生産は1820万円

確定拠出の導入率7割へ  経団連と東京経協が共同実施した退職金.年金調査によると、60歳のモデル退職金は総合職.大卒が2260万円、生産.現業労働者の高卒が1820万円だった。所定内賃金で除した支給月数は、順に38.2カ月、46.0カ月となっている。退職金額の算定にポイント方式を用いる企業が7割まで上昇し、別建て方式を採る企業は全体の84……[続きを読む]

2019.05.22 【労働新聞】
中小は中途採用に注力へ 1.83倍で前年より微減 大卒求人倍率・民間調査

 リクルートワークス研究所は2020年卒の大卒求人倍率が前年比0.05ポイント減の1.83倍になったと発表した。8年ぶりの低下となったが、依然として高水準が続いている。企業規模別では300人未満が8.62倍、300~999人が1.22倍、1000~49999人が1.08倍、5000人以上は0.42倍だった。  倍率低下の要因となったのは求……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ