『大卒』の労働関連ニュース

2022.01.07 【労働新聞】
【賃金調査】経団連・東京経協 21年3月卒初任給調査/大卒・事務系 横ばいの21.9万円 「据置き」が7割に上昇

技術系水準を下回る  経団連と東京経営者協会が実施した2021年3月卒の決定初任給調査によると、大学卒・事務系は21万9402円、技術系は22万438円だった。3年ぶりに技術系の水準が事務系を逆転している。引上げ率は、順に0.40%、0.51%となり、前年結果を下回った。事務系について産業別の水準をみると、土木建設業22万7962円、卸売……[続きを読む]

2021.11.11 【労働新聞】
【賃金調査】2021年度版 愛知のモデル賃金/総合職モデル 大卒35歳で32.6万円 30歳代除き微増傾向示す

家族手当 第1子の平均額1.1万円  愛知県経営者協会が実施した「愛知のモデル賃金」調査によると、総合職・大卒のモデル賃金は22歳20.9万円、35歳32.6万円、50歳47.1万円となり、ピークは60歳47.8万円だった。前年比では30歳代を除き、微増傾向を示している。賞与は全世代で減少し、25歳では6.1%、35歳では5.1%ダウンし……[続きを読む]

2021.11.08 【労働新聞】
大卒19.9万円に 初任給の伸び5000円超 スーパー年次統計

 全国スーパーマーケット協会(横山清会長)など業界3団体が共同実施した年次統計調査によると、大卒初任給額は19万8602円、高卒は17万98円となり、前年結果に比べて順に5550円、2825円伸びたことが明らかになった(いずれも保有店舗数などを調整した業界推計値)。一方で大卒について都市区分別集計をみると、都市圏62社(1都3県および大阪……[続きを読む]

2021.07.08 【労働新聞】
【賃金調査】東京労働局 学卒者の初任賃金/都内の大卒求人初任給 専門・技術職は21.3万円 半数の業種で21万円台 

高卒技能24%が20万円超える  今春に入社した学卒者の求人初任給を集計した東京労働局の「学卒者の初任賃金」によると、大卒の専門・技術職は21.3万円、事務職は20.8万円だった。前年からの伸び方は小幅で0.4%、0.8%となっている。産業別では、全14産業中7産業が21万円台のうちに集中した。高卒・技能では、18万円未満とする企業の割合……[続きを読む]

2021.05.27 【労働新聞】
【賃金調査】中労委・令和2年 賃金事情調査/大手の大卒実在者賃金 55歳56万円がピーク 家族手当第1順位6.3%減の1.6万円

45歳以上で最大4.5%減  大手企業の賃金実態を調べている中央労働委員会の「賃金事情調査」によると、大卒の事務・技術(男性)の実在者平均所定内賃金は、22歳22.1万円、35歳39.1万円、45歳49.6万円、55歳56.1万円などとなった。22歳を除くすべての年齢階級で前年比で減少し、とくに45歳以上では1.6~4.5%ダウンしている……[続きを読む]

ページトップ


ご利用いただけません。