『労働行政』の労働関連ニュース

2020.07.13 【労働新聞】
はさまれ急増 製造業130社へ点検表を配布 米子労基署 NEW

 鳥取・米子労働基準監督署(山田正道署長)は、今年5月末現在ではさまれ・巻き込まれ災害が15件に上っていることを受け、緊急対策として災害防止チェックリストを作成した。災害防止徹底の要請文書とともに管内の製造業130事業所に送付し、ホームページ上でも公開している。  災害原因の多くが機械を停止させずに清掃などを行った点にあることから、チェッ……[続きを読む]

2020.07.13 【労働新聞】
給付制限期間が短縮 5年で2回まで2カ月に 厚労省 NEW

 厚生労働省は10月1日から、自己都合退職時の基本手当の給付制限期間を2カ月に短縮する。昨年12月の労働政策審議会雇用保険部会の報告に基づくもので、今後業務取扱要領の改定を実施するとしている。  10月1日以降に離職した失業者は、…[続きを読む]

2020.07.13 【労働新聞】
労災請求300件増に 令和元年の過労死等集計 厚労省 NEW

 厚生労働省は、令和元年度の過労死等労災補償状況をまとめた。過労死等の全体の労災請求件数は2996件で、前年度比299件増加したことが分かった。支給決定件数は725件で、同22件増加、うち死亡数(自殺未遂を含む)は同16件増加の174件となっている。…[続きを読む]

2020.07.10 【労働新聞】
熱中症の撲滅へ独自に現場パト 上田労基署 NEW

 長野・上田労働基準監督署(森孝行署長)は管内の18工事現場に対し、独自に熱中症予防対策パトロールを実施した。同県内では昨年、熱中症による休業4日以上の死傷災害が12件発生し、うち1人が死亡している。死亡した労働者は、同労基署管内の工事現場で交通誘導を行っていた警備員だった。  6月10日には、清水・千曲・栗木特定建設工事共同企業体が施工……[続きを読む]

2020.07.10 【労働新聞】
高齢者対策に補助金 中小へ最大100万円支給 厚労省 NEW

 厚生労働省は、今年度新設したエイジフレンドリー補助金の申請受付けを開始した。高齢者が安全に働くことができるよう、中小企業事業者に対して職場環境改善などに要した費用最大100万円を補助する。  対象となるのは、60歳以上の…[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ