『労働災害』の労働関連ニュース

2022.01.07 【安全スタッフ】
トンネル工事事故で対策まとめる 立入禁止範囲の監視を徹底 JR東海

 東海旅客鉄道㈱(JR東海)は、昨年10月に中央新幹線瀬戸トンネル新設工事で発生した肌落ちによる災害の再発防止対策をとりまとめた。指示に基づかず立入禁止範囲に入ったことなど、工事の作業実態に原因があったとして、切羽の立入禁止の徹底など対策を強化するとしている。災害は10月27日19時20分頃、露出した地山から浮石が肌落ちしやすい発破直後の……[続きを読む]

2022.01.06 【安全スタッフ】
VR労災体験会を開催 危険作業振り返って学ぶ 厚労省

 厚生労働省は12月21日、VR技術を活用した安全衛生教材の体験会を東京・ベルサール神田で開催した。8種類の災害パターンを疑似体験できる教材を製作し、視聴覚教材による教育のあとに、VRによる危険作業の体験と振り返りをセットで学ぶことができる。単なる労災体験にとどまらず、作業に潜む危険のポイントの理解につなげるのが狙いだ。  外国人労働者に……[続きを読む]

2021.12.27 【安全スタッフ】
約半数の建設現場で安衛法違反 元方の「指導なし」が目立つ 山形労働局

 山形労働局は、建設工事現場に対して今年10月に行った一斉監督結果を発表した。労働災害による死傷者が増えている建築工事を中心に重点的な現場監督を実施したもので、146現場のうち69現場(違反率47.3%)で法違反が見つかり、是正指導をしている。主な違反内容では、関係請負人等が労働安全衛生法に違反しないように元方事業者が必要な指導を行ってい……[続きを読む]

2021.12.11 【安全スタッフ】
腰痛発生月曜に集中 時間帯は10時が最多 安衛研調べ・製造業で割合高く

 労働安全衛生総合研究所は、「平成30年及び令和元年労働者死傷病報告における業務上腰痛の発生状況に関する報告書」を公表した。業務上腰痛件数を発生曜日別に調べたところ、月曜日が20%近くを占めトップになっていることが分かった。特に製造業は、4分の1が月曜日に集中しており、割合が高いことが浮き彫りになっている。発生時間別では、10時台が14%……[続きを読む]

ページトップ


ご利用いただけません。