『労働災害』の労働関連ニュース

2019.08.30 【安全スタッフ】
死亡が最少で推移 前年度比約5%減 厚労省・7月速報値

 厚生労働省は、令和元年の労働災害発生状況の7月速報値を発表した。今年1~6月までの死傷災害件数を集計したもので、死亡災害が306人と前年同期比15人(4.7%)減少となり、過去最少のペースで推移している。休業4日以上の死傷者数は、4万7254人と同2487人(5.0%)減少している(本号統計資料参照)。  死亡災害の発生状況をみると、建……[続きを読む]

2019.08.27 【安全スタッフ】
【特集2】エリアごとに安全柵 経年劣化による労災を懸念 厚労省・装置産業向け好事例パンフで

 厚生労働省は、装置産業向けに「設備の経年劣化による労働災害を防止するために」と題したパンフレットを作成し、業界団体などを通じて周知啓発に力を入れている。災害の実態調査結果とともに企業への訪問調査などで得られた良好事例を紹介。関連設備をエリアごとに安全柵で囲み、運転中は立ち入れないようにした取組みなどを紹介している。設置から30年を超える……[続きを読む]

2019.08.12 【安全スタッフ】
【局署合同パトロールを展開③】積極的な活動を評価 墜落防ぐアイデアも

 安全週間に先駆けて、準備月間中の6月25日に建設業現場パトロールを行った神奈川労働局(荻原俊輔局長)と横浜南労働基準監督署(古屋強署長)。  巡視現場となったのは、鹿島建設㈱横浜支店とパナソニック建設エンジニアリングが施工する「(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画」。…[続きを読む]

2019.08.10 【安全スタッフ】
【局署合同パトロールを展開②】類似災害繰返すな 墜転落阻止確実に

 翌2日に建設工事現場の安全パトロールを実施したのは兵庫労働局(畑中啓良局長)と神戸西労働基準監督署(木多豊署長)。香川同様、局署合同のパトロールを展開したもので、畑中局長(写真中央)自ら現場に入って直接作業員らに注意を促した。  現場の元請けは戸田・岩田地崎特定建設工事共同企業体。令和3年度一杯を工期とする「西部処理場北系水処理施設築造……[続きを読む]

2019.08.09 【安全スタッフ】
【フォトレポート】空港工事現場を合同パト 見える化困難でも声かけ徹底/千葉労働局成田労基署&成田国際空港建設工事安全衛生協議会

優良現場の工夫に学ぶ  千葉労働局と成田労基署は6月14日、成田国際空港建設工事安全衛生協議会と合同で空港工事の安全パトロールを行った。見える化表示の難しさなど空港特有の事情があるなかで安全管理を徹底し、無災害を続ける現場の取組みを確認。重機との接触を防ぐための安全バーの設置や合図と声かけによる細かなコミュニケーションなど現場の取組みを評……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ