『労働局』の労働関連ニュース

2019.05.15 【労働新聞】
石綿部品回収を指導 農業機械の一部に含有 島根労働局 NEW

 島根労働局(田村和美局長)はアスベストが含まれる部品を製造・販売したとして、三菱重工子会社の三菱マヒンドラ農機㈱(島根県松江市、田中章雄取締役社長)に早急な回収を指導した。  行政指導段階で企業名を公表するのは極めて異例。同労働局監督課は「同社自身も公表していること。広く知ってもらう必要があると考えた」としている。…[続きを読む]

2019.05.15 【労働新聞】
障害者雇用促進へ 神奈川労働局 NEW

 神奈川労働局(荻原俊輔局長)は、2019年度の行政運営方針を公表し、障害者雇用の促進に積極的に取り組む考えを示した。精神・発達障害者しごとサポーターを積極的に養成するほか、神奈川県においても知事が高い関心を示していることから、協力態勢を構築していきたいとした。[続きを読む]

2019.05.09 【労働新聞】
ハイヤータクシー 労災減へ集中運動 交通事故対策に重点 東京労働局

運転者教育徹底を指導  東京労働局(前田芳延局長)は、ハイヤー・タクシー業における労働災害が増加していることから、2020年3月までの1年間、「ハイヤー・タクシー業交通労働災害防止運動」を初めて展開する。東京ハイヤー・タクシー協会と連携し、都内の事業者を対象に、適正な労働時間管理と健康診断の実施や、チェックリストを活用した交通事故防止のた……[続きを読む]

2019.05.08 【労働新聞】
建設大手連絡会議 熱中症の防止へ早くから対策を 東京労働局

 東京労働局(前田芳延局長)は4月18日、東京都内に本社・支店を置く大手建設事業者23社との連絡会議を開催した=写真。建設現場の労働災害防止対策の好事例や安全衛生上の課題に関する情報交換を行い、安衛活動を推進するのが狙い。  開会に当たりあいさつをした同労働局の中村克美労働基準部長は、昨年から今年の年始にかけて都内建設現場で火災が多発した……[続きを読む]

2019.05.07 【労働新聞】
29年度監督指導 不払い是正額7000万円超に 高知労働局

 高知労働局(古田宏昌局長)は平成29年度の監督指導による賃金不払い残業の是正結果をまとめた。それによると、29年度の是正指導で、122社から7028万円の割増賃金が支払われた。前年度に比べ企業数は13社、金額は2183万円増加している。  対象となった労働者数は909人で、前年度から76人増加した。労働者一人当たりの金額は57万6065……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ