『労働局』の労働関連ニュース

2019.03.19 【労働新聞】
20年春高卒採用で申合せを実施 東京労働局 NEW

 東京労働局(前田芳延局長)は、東京都内の学校関係者や経営団体との間で、「2020年3月東京都高等学校卒業予定者の応募・選考などに関する申合せ」を行った。  学校による推薦開始は今年9月5日とし、企業による選考は9月16日から開始する。応募・推薦は、9月5日~9月30日は1人1社、10月1日以降は1人2社まで認めるとした。[続きを読む]

2019.03.08 【労働新聞】
新卒求人初任給 すべての学歴 前年比増加に 東京労働局調査

 東京労働局(前田芳延局長)は、平成31年3月新規学校卒業者の求人初任給調査結果をまとめた。都内ハローワークで受理した求人票記載の初任給を集計したところ、すべての学歴で前年を上回った。すべての学歴で増加したのは、29年3月卒業者調査から3年連続となる。調査では、「定額的に支払われる賃金」の中位数を算出している。  学歴別では…[続きを読む]

2019.03.07 【労働新聞】
県単位の就職説明会 中部地区バス運転者 人材確保めざし計画

 中部運輸局や愛知労働局といった行政、中部各県のバス協会およびバス事業者が参画する「中部バス事業人材確保・育成対策会議」は、2月27日に「バス事業人材確保・育成対策行動計画2019~2021」を取りまとめた。今後、県単位で合同就職説明会を開くなどして、運転者の確保を進める。  バス運転者の不足は、深刻を極めている。少子高齢化の進展や人口減……[続きを読む]

2019.03.05 【労働新聞】
3人死亡火災で対策本部を設置 東京労働局

 作業員3人が死亡した2月12日の東京都大田区城南島物流倉庫火災事故に関連し、東京労働局(前田芳延局長)は同日、前田局長を本部長とする労働災害対策本部を設置した。  対策本部では現在、発生場所を管轄する大田労働基準監督署を通じて災害の発生状況や原因などの情報収集を進めるとともに、災害調査を行う警視庁や東京消防庁などとの連絡・調整を行ってい……[続きを読む]

2019.02.28 【労働新聞】
30年司法処分は前年より13件増 大阪労働局

 大阪労働局(井上真局長)は平成30年の司法処分状況をまとめ、労働関係法令違反により、75件を書類送検したと発表した。前年より13件(21.0%)増加している。  増加の要因となった違反は機械等危険防止(19件、前年比10件増)、墜落等危険防止(13件、同4件増)など。業種別では、建設業(24件、同8件増)、製造業(16件、同4件増)、商……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ