『判決』の労働関連ニュース

2021.12.02 【労働新聞】
韓国ヘイト 文書の配布差止め命じる 人種差別思想を醸成 大阪高裁

環境配慮義務違反と認定  中国や韓国などを侮辱する内容の文書を会社が繰返し配布した行為の違法性が争われた裁判で、大阪高等裁判所(清水響裁判長)はフジ住宅㈱(大阪府岸和田市、宮脇宣綱代表取締役社長)と同社の会長に、韓国へのヘイトスピーチを含む内容の文書配布の差止めと慰謝料支払いなどを命じた。同社で働く在日韓国人の労働者が人格的利益の侵害に当……[続きを読む]

2021.11.25 【労働新聞】
社用スマホ 取上げは不法行為 合理的な必要性なし 東京地裁

慰謝料30万円支払い命令  医薬品の開発業務などを請け負う㈱インテリム(東京都台東区、浮田哲州代表取締役)で働いていた労働者が、社用のスマートフォンを代表取締役から取り上げられたことなどを不服とした裁判で、東京地方裁判所(佐藤卓裁判官)はスマホ取上げを不法行為と判断し、慰謝料30万円の支払いを命じた。労働者がメールにすぐ返信しなかったのに……[続きを読む]

2021.09.24 【労働新聞】
解雇無効の一審判決維持 信頼関係破壊を否定 東京高裁

セクハラ・窃盗で懲戒も  みずほビジネスパートナー㈱が、親会社から転籍してきた労働者の解雇が権利濫用とされた判決を不服として控訴した裁判で、東京高等裁判所(相澤哲裁判長)は一審判決を維持し、解雇を無効と判断した。労働者は社内での窃盗とセクハラで、転籍から4年の間に2度懲戒処分を受け、業務ミスを繰り返し、4回部署を異動していた。同社は一連の……[続きを読む]

2021.09.02 【労働新聞】
条件低下提示に合理性あり 講師の雇止めは有効 東京地裁

授業評価結果などが理由  大手大学受験予備校の学校法人河合塾で、世界史の講座を担当していた労働者が雇止めを不服とした裁判で、東京地方裁判所(春名茂裁判長)は雇止めを有効と判断し、請求を全面的に棄却した。労働者は平成29年3月に、翌年度の授業のコマ数を減らし、労働条件を引き下げる契約の提示を受けた。従前と同じ条件での更新を申し込んだが、拒否……[続きを読む]

2021.08.11 【労働新聞】
労働裁判ニュースまとめ【2021年4~6月】

このページでは、2021年4~6月に配信した労働問題に関する裁判についての記事をまとめてご紹介します。 【通勤手当 派遣への不支給は適法 配転負担緩和が趣旨 大阪地裁】 ㈱リクルートスタッフィングの登録型派遣で働いていた労働者が、派遣元正社員との間にある通勤手当の支給有無に関する差を不服として訴えた裁判で、大阪地方裁判所(中山誠一裁判長)……[続きを読む]

ページトップ


ご利用いただけません。