『介護』の労働関連ニュース

2022.01.12 【労働新聞】
介護職の上限額600万円台に 転職賃金調査

 人材サービス産業協議会(JHR、水田正道理事長)は、求人データを元に職種別の年収相場を示す「転職賃金相場2021」をまとめた。特定加算などの影響から介護職の年収に上昇傾向がみられ、最高額の相場は首都圏349万~625万円、東海378万~688万円、近畿336万~525万円だった。首都圏と東海では上限額が100万円以上伸び、600万円台に……[続きを読む]

2021.11.25 【労働新聞】
【フォーカス】白寿会/求職者向け動画 「夜勤のありのまま」を公開 ミスマッチ防止対策で

感染症予防術も映像化  新卒の未経験者や他業種からの転職者を積極的に獲得している社会福祉法人白寿会(大阪府大阪市、新田正尚理事長、191人)は、採用時と新人研修に動画を活用している。求職者向けには、就寝前の薬の服用のサポートや、夜間帯の巡回の様子などを職員が自ら撮影した。「夜勤のありのまま」をみせて、不安感の軽減とミスマッチの防止をめざす……[続きを読む]

2021.11.18 【労働新聞】
SOMPOケア リーダー手当を4万円増 看護職と同水準に

施設長含め大幅改善へ  SOMPOケア㈱(東京都品川区、遠藤健代表取締役社長)は、介護職のリーダーに対する職務手当を4万円引き上げるなど、来年4月から大幅な処遇改善を行うことで労働組合と合意した。全社で約1000人いるリーダーについては年収を約50万円引き上げ、看護職と同水準の平均450万円程度にまで高める。施設運営を担うホーム長や副ホー……[続きを読む]

2021.10.05 【労働新聞】
上乗せ延長を要望 コロナ特例の介護報酬 老施協

 全国老人福祉施設協議会(平石朗会長)など医療・介護関係8団体は連名で、厚生労働省へ介護報酬の特例措置延長を求める要望書を提出した。今年4月の介護報酬改定では、新型コロナウイルス感染症に係る「かかり増し費用」として、暫定的に全サービスの基本報酬に0.1%の上乗せをしている。10月以降も暫定措置を延長するよう強く求めている。  同協議会は8……[続きを読む]

2021.09.21 【労働新聞】
介護人材確保対策 福祉科高校生に修学金制度 静岡県

 静岡県は、将来の介護人材不足に対応するため、同県内の福祉系学科に所属する高校生を対象に修学金制度を創設する。卒業後、同県内の介護施設に就職すれば返済を免除するもので、9月の補正予算案に計上する見込み。  対象者は、県内の高校の福祉系学科に所属する在学生とし、公立校か私立校かは問わない。同県介護保険課では、「令和7年時点で、県内では約57……[続きを読む]

ページトップ


ご利用いただけません。