string(61) "/news/news_tag/%E4%BB%8A%E9%80%B1%E3%81%AE%E8%A6%96%E7%82%B9/"
string(8) "news_tag"

『今週の視点』の労働関連ニュース

2017.11.16【労働新聞】
【今週の視点】両立支援で管理職増えず NEW

転勤のみ限定型へ 一時的な回避が可能に 転居のリスクを一時的に回避できる働き方を模索する動きが広がっている。職務内容等を制限しない地域限定区分を設け、そのままでもマネージャーになれたり、従来コースへの復帰を促す試みが増えてきた。両立支援の先にある第二の壁の打破に向け、管理職の養成にも男女を問わず年功序列にも縛られない柔軟さが求められている……[続きを読む]

2017.11.02【労働新聞】
【今週の視点】均衡待遇の比較対象は?

「同一賃金」で法整備 期待される予見性向上 「働き方改革促進法案」は、解散総選挙で出鼻をくじかれた形だ。国会上程は遅れるが、現時点で同一労働同一賃金関連は、平成31年4月1日の施行(中小は1年の猶予措置)を予定している。パート労働法と労契法の「守備範囲」を見直し、一般人にも分かりやすい体系に再編される。成立に至った場合の実務的な影響を、注……[続きを読む]

2017.10.26【労働新聞】
【今週の視点】インターンシップ 参加者6割が採用試験応募

中小企業こそ実施を 魅力発信する絶好の機会 大学3年夏にインターンシップに参加した学生の6割が研修先企業の採用試験に応募しており、進路選択においてインターンシップや職場体験が大きな影響を与えていることが、㈱アイデムの調査で分かった。人手不足に悩む中小企業にとっては自社の魅力を発信する絶好の機会になるため、適切な実施期間やプログラムを検討し……[続きを読む]

2017.10.19【労働新聞】
【今週の視点】発明報奨を人材投資へ

法改正で選択肢拡大 成果重視からの脱却例も  職務発明に関する問題は、これまで「相当の対価」を中心に回ってきた。スポンサーである企業には、実質的に特許がもたらす利益の還元が求められるため、長期にわたる報奨を余儀なくされていた。昨春の法改正で「対価」が「利益」に置き換わったことで、人材投資の側面からインセンティブ効果を引き上げる余地が広が……[続きを読む]

2017.10.12【労働新聞】
【今週の視点】精神衛生確保と経営損失減少に

使える指針まとまる 悪質クレーマー対策で 本紙9月18日付4面の冒頭で取り上げた「悪質クレーマー対応ガイドライン」は、現場でクレーム被害に苦しんでいる労働者の精神衛生を確保するのはもとより、そのことを通じた経営損失の減少も狙うもので、現場の労使にとってまさに使える内容といっていい。同様の被害に遭いやすい「各種商品小売業」などは参考にされた……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ