『人材育成』の労働関連ニュース

2018.12.13 【労働新聞】
IT産業 50代までに「折衝力」習得 高齢者雇用で手引 業界団体 NEW

育成通じ長期的な活躍へ  一般社団法人情報サービス産業協会(横塚裕志会長)は、長期的に活躍できるIT人材の育成方法を示した「高齢者雇用推進ガイドライン」を作成した。実際に活躍している人材の行動特性を30歳代以降の世代別に明らかにするとともに、その行動特性を身に付けさせるための方法を提示している。50歳代以上で活躍している人材は、「探求心」……[続きを読む]

2018.12.12 【労働新聞】
社会人がインターン 人材交流で育成めざす 静岡 NEW

 静岡県の経済団体や大学などで構成する「しずおか産学就職連絡会」と静岡市は、企業間の人材交流を通じて人材育成をめざす「社会人インターンシップ」を新たに始める。地方自治体がかかわりながら人材交流を行う取組みは、全国的にも珍しいという。 社会人インターンシップは、来年2月に5日間で実施する。初日に座学で事前講習をし、…[続きを読む]

2018.12.10 【労働新聞】
コニカミノルタなど5社が大賞 グッドキャリア表彰 NEW

 厚生労働省は、社員の自律的なキャリア形成支援を行う企業・団体を対象とする「グッドキャリア企業アワード」の表彰式を東京都内で開いた。大賞には、30歳・40歳・50歳・55歳の各時点で全社員を対象にキャリアデザイン研修を実施しているコニカミノルタ㈱(東京都)など5社を選出。イノベーション賞には、社会保険労務士法人ハーモニー(千葉県)など5つ……[続きを読む]

2018.12.10 【労働新聞】
希望者に2カ月海外研修 若手社員育成めざす ユニ・チャーム NEW

初配属3年目でFA制も 大手消費財メーカーのユニ・チャーム㈱(東京都港区、高原豪久代表取締役社長)は来年、若手社員のキャリア形成支援に向け、希望者に2カ月間海外で働く機会を提供する「グローバルインターンシップ」を導入する。海外にかかわる仕事を行う機会のない社員にもチャンスを与え、将来的な赴任を視野に入れたキャリアプランを描かせる狙い。他に……[続きを読む]

2018.12.06 【労働新聞】
テレワーク導入率50%超へ 中小振興で展望提示 東京都

多様な人材の活躍図る 多様な人材が活躍する中小企業をめざし、テレワーク実施率を拡大へ――東京都は、中小企業振興に関する中長期ビジョン(仮称)の中間まとめを作成した。今後の中小企業振興のめざすべき姿の1つに「多様な人材の活躍」を挙げ、数値目標として「都内企業におけるテレワーク導入率50%超」を設定した。長時間労働の解消など働き方改革の実現に……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ