『中途採用』の労働関連ニュース

2022.06.30 【労働新聞 フォーカス・企業事例】
【フォーカス】久留米運送/ドライバー確保対策 時間・コスト減へ「中継輸送」 固定給比率を1割増

2年間で100人獲得に  ドライバーの確保を進めている久留米運送㈱(二又茂明代表取締役CEO)では、長距離便において積極的に「中継輸送」を導入し、月当たりの時間外労働を最大で3割削減した。ドライバー2人による交替運転の必要がなくなるため、コストダウンにも結び付いている。間近に迫った“上限規制”に対しては、1カ月の拘束時間を「240時間以内……[続きを読む]

2022.06.30 【労働新聞 賃金調査】
【賃金調査】厚労省 中途採用時賃金(3年度下半期)/常用者男性 専門・技術職30.6万円に 東京が34.0万円と突出

現業系で軒並み3%増  厚生労働省が集計した令和3年度下半期の「中途採用者採用時賃金情報」によると、常用者・男性の職業別平均賃金は、専門的・技術的職業30.6万円、生産工程・労務の職業22.6万円などとなった。前年下半期と比べて順に、0.3%、3.2%増加している。建設・採掘や運搬・清掃などの職業を含め、現業系では軒並み3%台の伸びを示し……[続きを読む]

2022.06.06 【労働新聞 ニュース】
育児休業給付手取り10割に 自民党・提言

 自民党の少子化対策調査会は育児休業給付を手取り10割の水準になるよう検討するべきと提言した。収入の減少が育休取得・継続の妨げになっていると指摘している。現行制度は、育休開始から6カ月間は休業前の賃金の67%、その後は…[続きを読む]

2022.05.24 【労働新聞 ニュース】
中途採用向けの求人サイト開設 長崎県

 長崎県は、中途採用向けの求人ポータルサイト「ジョブナビながさき」を開設した。求職者へのスカウトメールや求職者から求人企業へのメッセージの送信を行える機能などを今年度中に追加していく。県内企業は求人情報を無料で掲載し、県内外の求職者へアプローチできる。  同県は新卒向けの企業サイトとして「Nなび」を運営しているが、新たに中途採用向けに同サ……[続きを読む]

2022.05.16 【労働新聞 ニュース】
新卒募集企業をLINEでPR 福島県

 福島県は、県内企業の人材確保を支援するため、雇用労政課のLINE公式アカウントで、令和6年3月の新規大学卒業者の採用を予定している中小企業を、学生に向けてPRする。これまでは紙媒体で募集企業を紹介していたが、県のウェブサイトとLINEを通じたPRに切り換える。  PRは、希望する企業が対象。同県の委託事業者が取材し、…[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。