string(52) "/news/news_tag/%E4%B8%AD%E9%80%94%E6%8E%A1%E7%94%A8/"
string(8) "news_tag"

『中途採用』の労働関連ニュース

2017.09.20【労働新聞】
【フォーカス】清水運輸/安全運転対策 「追走観察」で問題点探る

未経験者育成めざし 拘束時間減へ荷主に要請 清水運輸㈱(埼玉県志木市、清水英次代表取締役社長、366人)は、未経験者も含めたドライバーの中途採用を進める一方、丁寧な教育を実施することで安全運転対策を推進している。事故を起こしたり、拘束時間が長時間化しているドライバーに対しては運行中の「追走観察」を実施し、運転方法などに問題がないかを探る。……[続きを読む]

2017.07.26【労働新聞】
【フォーカス】IDCフロンティア/フルチャージ入社制度 特別有給休暇 初出社日前に1カ月付与

社員の健康へ配慮し 有給取得率は76%と高率 IT業の㈱IDCフロンティア(東京都千代田区、志立正嗣代表取締役社長、450人〈業務委託含む〉)は、社員の健康に配慮した制度を積極的に導入している。具体的には、中途採用で獲得した正社員へ初出社日前に最大1カ月間の“特別有給休暇”を与える「フルチャージ入社制度」や、ライフスタイルなどに応じて「フ……[続きを読む]

0724-15-2
2017.07.24【労働新聞】
労働移動助成金 支給額2年で5倍増 高付加価値の産業へ 厚労省

中途採用支援コース新設 労働移動支援助成金の支給実績総額が、直近2年間で約5倍の29億円超に急拡大していることが、厚生労働省の集計で明らかになった。雇用吸収力や付加価値の高い産業への転職・再就職支援に政策の重点を移す政府方針に沿った動きとみることができる。中途採用の正社員比率を増加させた企業などに支給する新助成金コースの受付もスタートして……[続きを読む]

厚労省 2
2017.06.05【労働新聞】
【賃金調査】厚労省/中途採用時賃金(平成28年度下半期) 常用者男性 専門・技術職28.5万円に

女性は計4年連続プラス 事務系、労務系で改善  昨年度下半期に中途採用された常用者・男性の賃金は、専門的・技術的職業28.5万円、事務的職業31.6万円、生産工程、労務の職業22.9万円などとなった。27年度下半期に比べると全体では0.4%の微減となるなか、事務的職業で1.6%増、生産工程、労務の職業で0.9%増などと伸びている。女性は全……[続きを読む]

2017.04.06【労働新聞】
【フォーカス】もしも/中途採用策の改善 欲しい人材へ積極的に接触

2サイトを使い分け 30歳前後の即戦力確保  インターネット通販業の㈱もしも(東京都新宿区、実藤裕史代表取締役社長、29人)は、2つの転職サイトを効果的に使い、積極的に欲しい人材へ接触を試みる「攻めの採用」へ転じた。人手不足の時代に即戦力を獲得しようとしている。とくにベンチャー企業間で競争が激しい30歳前後の中途採用に力を入れている。「……[続きを読む]

もしも・2

年月アーカイブ

ページトップ