『フリーランス』の労働関連ニュース

2021.09.14 【労働新聞】
ITフリーは職種限定せず 労災保険特別加入 厚労省・通達

 厚生労働省は9月から新たに労災保険の特別加入の対象となったITフリーランスと自転車配達員に関する通達を発出した。ITフリーランスは、ITコンサルタント、システムエンジニア、プログラマーなどが想定されるとしたが、職種を限定するものではなく、業務内容の実態をみて判断するとしている。  業務災害か否かを判断する業務遂行性は、契約に基づく作業の……[続きを読む]

2021.09.14 【安全スタッフ】
労災保険特別加入拡大で 国民の意見募集 厚労省が検討

 厚生労働省は、「労災保険制度における特別加入制度」の対象範囲のさらなる拡大を検討するに当たり、国民からの提案・意見の募集を開始した。今年4月から芸能従事者、アニメーション制作従事者、柔道整復師、創業支援等措置に基づく事業を行う高年齢者を対象に追加し、9月からは自転車配達員、ITフリーランスを対象に追加する予定となっている。  働き方が多……[続きを読む]

2021.08.01 【Web限定ニュース】
宿泊業が最多 神奈川県・令和2年度 労働相談の概況

 神奈川県が発表した「令和2年度の労働相談の概況」によると、相談件数1万2480件のうち新型コロナウイルス感染症関連は、2922件(23.4%)だった。産業別では、宿泊業,飲食サービス業からの相談が最も多く421件を占めている。医療,福祉が275件、卸売業,小売業が224件と続く。  相談者の内訳をみると、労働者の2560件(87.6%)……[続きを読む]

2021.07.08 【労働新聞】
労災保険特別加入 フードデリやIT人材も対象に 急ピッチで範囲拡大 厚労省

フリーの有効活用めざす  厚生労働省は、労災保険の特別加入制度の対象範囲を急ピッチで拡大している。今年4月から芸能従事者、アニメーション制作従事者、柔道整復師など合計約30万人に対象を広げたのに続き、新たにフードデリバリーを含む自転車配達員やフリーランスの情報サービス事業者合計約30万人へ拡大する考えだ。働き方の多様化や社会経済の発展に向……[続きを読む]

ページトップ