『キャリア』の労働関連ニュース

2020.01.20 【労働新聞】
副業 勤続5年以上に対象拡大 “支援休暇”も新設 アサヒビール NEW

月2日、年間24日まで  アサヒビール㈱(東京都墨田区、塩澤賢一代表取締役社長)は、今月から勤続5年以上の全社員を対象に副業を解禁した。これまでは、定年退職後の再雇用人材に限って認めていた。他社への就業は認めず、個人が保有するスキルを活用した業務委託契約や個人事業主としての活動のみ容認する。活動は就業時間外のみとするが、新たに月2日の「副……[続きを読む]

2019.11.21 【労働新聞】
【フォーカス】ソニーマーケティング/図鑑でキャリアを可視化 中堅16人が経歴実例示す  

57職種の役割も掲載  ソニー商品の販売・マーケティングを手掛けるソニーマーケティング㈱(東京都品川区、粂川滋代表取締役社長、1000人)は、現場目線で社内のキャリア情報を体系化した「職種図鑑」を制作した。57職種を紹介する「仕事編」と、中堅社員16人のこれまでのキャリアパスを示した「社員編」から構成する。多様なキャリア機会が可視化され、……[続きを読む]

2019.11.21 【労働新聞】
70歳まで就業促進 スキルチェンジへ拠点 在職者訓練も強化 厚労省・令和2年度

サポートセンターを開設  厚生労働省は令和2年度、70歳までの就業機会の確保を狙いとし、キャリアサポートセンター(仮称)を東京などに新設するとともに、企業の実情に応じたオーダーメイド型在職者訓練支援を開始する方針である。キャリアサポートセンターは、労働者のキャリアプランを再設計したり、キャリア形成を支援する拠点で、全国的サービスを展開する……[続きを読む]

2019.11.12 【労働新聞】
長く働く利点訴える 55歳超の店頭販売員へ シーボン・セカンドキャリア研修

 化粧品製造販売業の㈱シーボン(東京都港区、犬塚雅大代表取締役会長兼社長)は、55歳以上のフェイシャリスト59人を集めて「セカンドキャリア研修」を初めて開催した=写真。マネープランを示し、長く働くメリットを訴えている。  フェイシャリストは、店頭で化粧品を販売し、美容アドバイスなども行う専門スタッフを指す。全国で約900人を雇用しており、……[続きを読む]

2019.11.07 【労働新聞】
【賃金事例】サトー/60歳まで役割・賃金を維持 65歳定年制のカーブ修正 

キャリア研修など拡充  サトーホールディングス㈱(東京都目黒区、小瀧龍太郎社長)は、10年以上前から採用してきた65歳定年制の改善を進め、役職定年や年俸の抑制措置を60歳以降に限定するかたちへ見直している。従来は56歳で一部減額、さらに60歳に達してから段階的に減額する体系としてきたが、今後は原則として60歳まで同じ役割を担ってもらう。一……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ