『キャリア』の労働関連ニュース

2020.04.28 【労働新聞】
新卒者へキャリア採用開放 事業創出系限定で NEC

初任時に年収800万円も  NEC(日本電気㈱、新野隆執行役員社長兼CEO)は、2021年4月入社の新卒者に対し、キャリア採用枠の一部を開放する。人材獲得競争が厳しさを増す一部の分野に限り、学歴・職歴などを不問とし、優秀な人材のエントリーを可能にする。採用に至った場合は一般の正社員と同様にポジションに応じたグレードに格付け、給与も既存制度……[続きを読む]

2020.03.12 【労働新聞】
【賃金事例】SHIFT/職級は14から20階層に 年収公開してキャリア明確化

年収公開してキャリア明確化  ソフトウエアの品質保証とテストに特化した事業を展開する㈱SHIFT(東京都港区、丹下大代表取締役社長)は昨年9月、ハイスキル人材を処遇できるように賃金テーブルを追加するなどの制度改定を実施した。計14階層だった職級体系の上に、新たに6階層を追加している。職級ごとの賃金テーブルを社内に公開する一方、テストエンジ……[続きを読む]

2020.03.05 【労働新聞】
【フォーカス】ジュピターテレコム/60歳超の職域開発 シニアを“身近な相談役”に 全社へキャリア面談 

企業内大学では学部長も  ㈱ジュピターテレコム(J:COM、東京都千代田区、井村公彦代表取締役社長)は、キャリア開発や教育研修の推進に当たり、経験豊かなシニア人財に活躍の場を提供している。全国に13人を配置するキャリアアドバイザーは、職場や家庭の悩みに応じる“身近な相談役”として、全社員への定期面談を展開中だ。企業内大学では元本部長やグル……[続きを読む]

2020.01.20 【労働新聞】
副業 勤続5年以上に対象拡大 “支援休暇”も新設 アサヒビール

月2日、年間24日まで  アサヒビール㈱(東京都墨田区、塩澤賢一代表取締役社長)は、今月から勤続5年以上の全社員を対象に副業を解禁した。これまでは、定年退職後の再雇用人材に限って認めていた。他社への就業は認めず、個人が保有するスキルを活用した業務委託契約や個人事業主としての活動のみ容認する。活動は就業時間外のみとするが、新たに月2日の「副……[続きを読む]

2019.11.21 【労働新聞】
【フォーカス】ソニーマーケティング/図鑑でキャリアを可視化 中堅16人が経歴実例示す  

57職種の役割も掲載  ソニー商品の販売・マーケティングを手掛けるソニーマーケティング㈱(東京都品川区、粂川滋代表取締役社長、1000人)は、現場目線で社内のキャリア情報を体系化した「職種図鑑」を制作した。57職種を紹介する「仕事編」と、中堅社員16人のこれまでのキャリアパスを示した「社員編」から構成する。多様なキャリア機会が可視化され、……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ