「通勤」以外には差 役職・家族・住宅など 道経連が手当調査

2020.04.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 北海道経済連合会(真弓明彦会長)は、諸手当支給状況調査結果をまとめた。通勤手当以外の諸手当について、雇用形態によって導入割合に差が付いていることが明らかになっている。

 調査は161社の回答を集計したもので、昨年10月1日時点の状況を尋ねている。

 社員、定年再雇用、無期雇用フルタイム、有期雇用フルタイム、パートタイム――の全形態を有する94社を抽出した回答をみると、通勤手当はすべての雇用区分で9割以上が導入している。一方で、役職手当や家族手当、住宅手当では差が付いた。たとえば家族手当の支給率では、社員が86.2%なのに対し、定年再雇用10.6%、無期雇用フルタイム11.7%などとなっている。

関連キーワード:
令和2年4月27日第3254号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ