技能実習適正化めざし惣菜製造業で団体発足 コンサルで環境改善 帰国後の職場斡旋も視野

2016.10.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 公益社団法人日本べんとう振興協会の中核企業3社は、今年2月に一般財団法人中食産業協会(二俣正光代表理事)を発足させ、惣菜加工に携わる外国人実習生が確かな技術を身に付けることができる環境づくりを進めている。厚生労働省の出身者などを「シニアアドバイザー」として会員企業に派遣し、実習環境改善に向けたコンサルティングを行うほか、実習生への日本語指導にも力を入れる。将来的には帰国後の実習生と海外進出企業をマッチングする事業にも取り組みたい考え。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成28年10月24日第3085号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ