経営者の意識改革へ モノづくり産業を強化 愛知県・職業能力開発計画

2016.06.21 【労働新聞】

 愛知県は、「高度なモノづくりに向けた人材の育成支援」を柱とする職業能力開発計画を発表した。同県の基幹産業である製造業の就業者数は平成24年を境に減少傾向にあり、モノづくりを支える人材の確保・育成が喫緊の課題となっている。

 同計画では、経営者の意識改革が新たな課題として盛り込まれたほか、社内での人材育成に限界がある中小企業への支援拡充により、モノづくり産業の強化をめざす。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年6月20日第3069号3面

あわせて読みたい

ページトップ