海外人材獲得へ支援 25年度概算要求入替え 経産省

2013.01.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経済産業省は、平成25年度予算概算要求を入れ替え、財務省に提出した。「復興・防災対策」、「成長による富の創出(民間投資の喚起、中小企業・小規模事業者対策)」など3分野を柱とし、一般会計に3716億円を計上した。うち、中小企業対策経費は1314億円。

 中小企業・小規模事業者対策では、ものづくり企業や海外展開に挑戦する企業の支援に重点的に配分した。優れた技術・技能を持つ人材を指導者として活用して小規模製造事業者の技術・技能の継承を促進する「ものづくり小規模事業者等人材育成事業」に12億円を要求。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月28日第2906号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ