建設、介護で人材確保策 求人倍率急騰へ対処 厚労省・27年度事業に反映

2014.03.10 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

横断的組織設置し検討 復興需要や東京五輪向け

 厚生労働省はこのほど、建設、介護、看護などの各分野で労働力需給がひっ迫しているとして、関係部局横断的な検討組織を設置、新たな人材確保・育成対策などを打ち出して平成27年度概算要求に反映させる。建設分野では、近年の復興需要などの影響を受け、とくに躯体工事や測量技術者の有効求人倍率が急騰している。介護分野では、仕事がきつく給与水準が低いことなどから、採用に支障が生じ人材不足が広がっているとした。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年3月10日第2960号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ