社保加入義務付けは全国初 「公契約条例」制定へ 千葉県我孫子市

2015.03.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

県内土建組合の要請機に

 千葉県我孫子市で現在開かれている第1回定例会(3月議会)に星野順一郎市長が提出した「我孫子市公契約条例(案)」の3月19日成立が濃厚な情勢にあり、正式に成立すれば、社会保険加入と下請業者に対する社会保険加入指導、また標準見積書などを活用した適切な下請契約を受注者に義務付ける全国初の条例が制定されることになる。主な運用規定は10月から施行予定で、現場労働者の強い後ろ盾になる。千葉土建と建設ユニオンによる市への働き掛けが、同条例案策定に弾みを付けた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年3月16日第3009号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ