労働新聞社協賛 「勝ち残る戦略」セミナーで紹介 技能協が8月に

2017.07.17 【労働新聞】

 一般社団法人日本生産技能労務協会(清水竜一会長)は、製造系人材サービス事業者の発展をめざし、非会員事業者を対象とした「JSLA経営戦略セミナー2017」を8月4日に東京都渋谷区で開催する(労働新聞社など協賛)。人手不足の深刻化や労働者派遣法改正といった環境の変化に対処しながら存続・発展できるよう、「勝ち残るための経営戦略」をメーンテーマに、講演やパネル討議を行う。

 人材ビジネス経営研究所の山内栄人代表が、勝ち残る経営戦略の条件について講演するほか、同協会会員企業3社がそれぞれの経営戦略を紹介する。

 参加無料。問合せは同協会TEL=03-6721-5361まで。

掲載 : 労働新聞 平成29年7月17日第3121号3面

あわせて読みたい

ページトップ